バスケットのちから~籠球論語~

バスケットボールの理論・知識・哲学・技術を独自の見解で紹介します。

カテゴリ


プロフィール

kiki

Author:kiki
kiki(キキ)です。
高校時代は能代工業、京北高校、
土浦日大、明大中野高校、等々
東日本の全国区のチームと対戦!
その経験から得たバスケットボール
の見解を紹介します。


ランキング

↓ここをクリック!ランキングアップ!
(にほんブログ村)
にほんブログ村 その他スポーツブログ バスケットボールへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
(人気ブログランキング)

FC2ブログランキング


アクセスカウンター


オンラインカウンター

現在の閲覧者数:


リンク

このブログをリンクに追加する


最新コメント


最新記事


最新トラックバック


検索フォーム


こころの言葉


Google AdSence


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:--|スポンサー広告
久々の更新です。

新入学の季節です。

1対1の攻防こそ、バスケットの基本です。

ドリブルで相手を抜く・・・

抜きどころを覚えましょう。

▽続きを読む▽
スポンサーサイト
2013/03/17 23:04|1対1TB:0CM:0

1対1の局面

バスケットボールは思考のスポーツです。

バスケットボールに限ったことではなく、

戦略、戦術を必要とする戦いはすべて

正しく思考することが大切です。

それでは・・・

1対1の考えられる局面について考えてみましょう。

▽続きを読む▽
2012/11/05 18:24|1対1TB:0CM:0
1対1には、

ボールを持った状況と

ボールを持たない状況とがあります。

その違いとは・・・

▽続きを読む▽
2012/10/07 15:25|1対1TB:0CM:0
1対1とは、オフェンスプレーヤーとディフェンス

プレーヤーが対峙し、お互いに駆け引きをする

状況を言います。



▽続きを読む▽
2012/09/30 16:46|1対1TB:0CM:0

フェイク

不器用であった私は、必要以上の動きをしないようにと
フェイクという動きをしないようにプレーしてきた。

以前にも書いたとおり、それを補うために
スピードの変化やステップの大きさを変えることで
プレーに変化をつけていた。

でもフェイクの動きは必要な動きである。

▽続きを読む▽
2010/09/27 18:27|1対1TB:0CM:0
バスケットボールは、チームスポーツという
ことでありながら、実は1対1によって
命運が決まると言っていいでしょう。

全体の勝負は、部分部分の個々の1対1の
勝負で勝つことで有利な状況を作り
チームの勝利へとつなげるものです。


▽続きを読む▽
2010/04/02 18:24|1対1TB:0CM:0
1対1の攻防で今一度考えてみようと思うのが
ピボットです。
1対1には必要不可欠な技術ではないでしょうか?

ボールを持ってピボットする時
ボールはフリーフット側にセットしますか?
それとも、軸足にボールをセットしますか?

▽続きを読む▽
2010/03/31 18:02|1対1TB:0CM:2
すべてのオフェンスは最後は1対1で終わると考えます。

1対1ができることが基本と言えるでしょう。


▽続きを読む▽
2009/02/23 19:49|1対1TB:0CM:2
有効なフェイントをつかうことで、

ディフェンスを破ることができる。

そのフェイントのタイミングを知る必要がある。

▽続きを読む▽
2009/01/03 22:04|1対1TB:0CM:0
1対1においてボールを持った時は

オフェンスの展開として、シュート、パス、ドリブルの

3つのプレー選択がディフェンスとの駆け引きとして

行われるはずです。

さて、オフェンスの重要な要素を分析してみましょう。



▽続きを読む▽
2008/12/27 19:16|1対1TB:0CM:2
1対1は個人戦術である。

しかし、5対5の核になる最小単位の戦術である。

周囲の状況を無視して勝手に攻めては、

チームの戦術は成り立たない。

▽続きを読む▽
2008/12/16 20:07|1対1TB:0CM:0
バスケットの重要なポイントは1対1の能力である。

1対1で、仕掛けられなければその次のプレーはない。

そのぐらい重要であると感じます。

▽続きを読む▽
2008/12/11 20:05|1対1TB:0CM:0
1対1を考える時、ステップやストップは必ず

シュートやパスやドリブル関わる技術になります。

まずボールマンになるということは、ボールをもらうことが

必要になってきます。

タイトなディフェンスに対してボールをもらうということで

考えなければいけないことは、次の通りです。



▽続きを読む▽
2008/09/24 21:14|1対1TB:0CM:1
1対1の一般的なポイントについて考える。

・「抜くためにボールを使ってのフェイントの常に行う」



▽続きを読む▽
2008/07/28 05:53|1対1TB:0CM:5
1対1のときに必要な技術について考えてみる。
              ☆

▽続きを読む▽
2008/07/26 08:15|1対1TB:0CM:2
★1対1においての抜くことの原則を考える。★

つまり、自分のマークマンの状況がどうであるかを

判断することが必要になる。

             ☆

▽続きを読む▽

2008/07/24 09:33|1対1TB:0CM:0
東日本大震災のお見舞い

東日本大震災で被災された方々に 心よりお見舞い申し上げます。


ナイスシュート

image111.jpg


amazon


amazon DVD


amazon バスケグッズ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。