バスケットのちから~籠球論語~

バスケットボールの理論・知識・哲学・技術を独自の見解で紹介します。

カテゴリ


プロフィール

kiki

Author:kiki
kiki(キキ)です。
高校時代は能代工業、京北高校、
土浦日大、明大中野高校、等々
東日本の全国区のチームと対戦!
その経験から得たバスケットボール
の見解を紹介します。


ランキング

↓ここをクリック!ランキングアップ!
(にほんブログ村)
にほんブログ村 その他スポーツブログ バスケットボールへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
(人気ブログランキング)

FC2ブログランキング


アクセスカウンター


オンラインカウンター

現在の閲覧者数:


リンク

このブログをリンクに追加する


最新コメント


最新記事


最新トラックバック


検索フォーム


こころの言葉


Google AdSence


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:--|スポンサー広告
自分に合ったシュートフォームは
ひとつしかない。
しかし、それはいつも変化する。

▽続きを読む▽
スポンサーサイト
2014/09/15 12:25|シュートの上達法TB:0CM:0
試合の最終場面でのフリースローは
極めて重要である。
たかが1点、されど1点。
勝利のためには
確率のよいフリースローが必要である。


▽続きを読む▽
2014/06/22 11:48|シュートの上達法TB:0CM:0
シュートの練習方法に関しては、
自分のフォームに関しては、
自分で責任を持つべきである。



▽続きを読む▽
2014/06/15 18:38|シュートの上達法TB:0CM:0
どんな練習でも、考え方とやり方を間違えては、
練習の成果はえられない。

練習の成果とは・・・

▽続きを読む▽
2014/06/08 14:41|シュートの上達法TB:0CM:0
バスケットボールの楽しさは
やっぱりシュートを決めること。

だから、シュートを上達させる努力は楽しい。


▽続きを読む▽
2014/02/23 18:16|シュートの上達法TB:0CM:0
基本的なシュートの確率アップの方法は、
まず正しいフォームで打つということ。

ただ正しいフォームで打つと言っても・・・

▽続きを読む▽
2014/02/02 11:41|シュートの上達法TB:0CM:0
シュートを入れるためにはまずシュートを
打てなくてはなりません。

これは、シュートを正しいフォームで打つことと
シュートを打つチャンスをつくることの
2つを意味する。

▽続きを読む▽
2010/12/26 20:51|シュートの上達法TB:0CM:0
シュートを成功させるためには、
イメージトレーニングが必要である。
前回紹介した目を閉じてシュートを打つという
トレーニングは、少なからず実践しているはず。

人間は本能だけでなく、自分の頭脳によって
身体の動きをコントロールできると信じている。
ミスが起きる時は、頭脳と身体が連動していない
ことが原因になる場合があると考える。

▽続きを読む▽
2010/07/03 21:19|シュートの上達法TB:0CM:0
シュートが入るのは決して運ではない。
自分が望むこと(シュートを決めたいという心)が
自己暗示となって、成功へと導いてくれる。

人間の評価は身体的な面だけでなく、
内面的なもの、すなわち心の持ち方によって決まる。
例えば、自分は「下手なシューターだ」と思えば
そのイメージどおりになるだろう。


▽続きを読む▽
2010/06/27 20:22|シュートの上達法TB:0CM:2
シュートを決めるためには、確かな技術とフォームは
必要ではあるが、ルーズな技術やフォームでも
シュートは入れることができる。

シュートはメンタルイメージとタッチつまり
ボールが離れる時の感覚がその人に合っていれば
どんなフォームでも入れることはできる。

どんなフォームでも入れるためには
シュートの打ち込みが大切である。
打ち込みによって感覚を身につける必要がある。


▽続きを読む▽
2010/06/21 17:35|シュートの上達法TB:0CM:0
シュートを入れること。
それがバスケットボールの醍醐味です。

ディフェンスを打ち破って、相手を出し抜いて
シュートを決める。
こんな気持ちのいいことはないでしょう。

バスケットボールを愛する人達は
この快感に目覚めた者たちです。

▽続きを読む▽
2010/02/06 21:37|シュートの上達法TB:0CM:4
セット・シュート、ジャンプシュートが入らない理由、

入る確率が低い理由はたくさんあります。

そして、シュートが入らない理由は一つとは限りません。

複数の原因となるとそれを見つけるのは難しいものです。

それと、自分のシュートを自分で見ることができないことも

原因に気づくのを難しくします。

▽続きを読む▽
2009/08/22 14:52|シュートの上達法TB:0CM:0
シュートは練習で決めるのは当然です。

まして、ディフェンスがいないシュートドリルでは

100%に近い確率で決める必要があります。

それは、距離が長くなっても大きく確率が下がらないことが

理想的です。

長い距離で確率が悪かったら一歩前に出て入る様にしましょう。

そして、感覚をつかんたら、長い距離へとチャレンジしましょう。

しかし、ノーマークでシュートできる状況など、試合ではありません。

ディフェンスがいてもシュート決めるように練習しましょう。

▽続きを読む▽
2009/08/20 19:46|シュートの上達法TB:0CM:0
ファーム固めがうまくいき、3メートルのシュートが確実に

入る様になったら、少しづつ距離を伸ばします。

距離が伸びるとフォームが乱れやすくなります。

力が入りすぎることや必要以上に身体を使うからです。

そんな時は距離を戻して、確実に入るようにしてから

もう一度チャレンジしましょう。

▽続きを読む▽
2009/08/17 19:45|シュートの上達法TB:0CM:0
私が現役時代、理論的なバスケットボールの指導は

ほとんどないという時代。

そんな中で、やはりシュートは研究しなければ入らない

という結論に至った。

自分で考える。そして気づく。それが自分のちからになる。

そうして、シュートの確率を上げるための努力をしてきた。

それが今も続いている・・・。

▽続きを読む▽
2009/08/13 19:19|シュートの上達法TB:0CM:0
バスケットボールはシュートを決める競技です。

その意味からシュート力は不可欠なものです。

単にシュート練習でいても簡単には上達しません。

シュート練習の練習法を工夫して上達するようにしましょう。

▽続きを読む▽
2009/08/11 16:18|シュートの上達法TB:0CM:2
東日本大震災のお見舞い

東日本大震災で被災された方々に 心よりお見舞い申し上げます。


ナイスシュート

image111.jpg


amazon


amazon DVD


amazon バスケグッズ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。