バスケットのちから~籠球論語~

バスケットボールの理論・知識・哲学・技術を独自の見解で紹介します。

カテゴリ


プロフィール

kiki

Author:kiki
kiki(キキ)です。
高校時代は能代工業、京北高校、
土浦日大、明大中野高校、等々
東日本の全国区のチームと対戦!
その経験から得たバスケットボール
の見解を紹介します。


ランキング

↓ここをクリック!ランキングアップ!
(にほんブログ村)
にほんブログ村 その他スポーツブログ バスケットボールへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
(人気ブログランキング)

FC2ブログランキング


アクセスカウンター


オンラインカウンター

現在の閲覧者数:


リンク

このブログをリンクに追加する


最新コメント


最新記事


最新トラックバック


検索フォーム


こころの言葉


Google AdSence


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:--|スポンサー広告
女子バレー日本代表の新しい戦略
「ハイブリッド6」について・・・

(あくまで、個人の意見です)

▽続きを読む▽
スポンサーサイト
2014/08/23 08:30|ひとりごと日記TB:0CM:0
ウインターカップを観てつくづく思い知らされましたね。

バスケは楽しいという事をです。

自分で考えて、自分で判断して、プレーしていく。

力と力のぶつかり合い。

自分との戦い。そして相手との戦い。


▽続きを読む▽
2010/12/31 21:53|ひとりごと日記TB:0CM:0
いつもの技術論、精神論とは別の観点から
バスケットボールを考える機会を頂きました。

それが、
八幡カップ全国シニアバスケットボール交換会です。



▽続きを読む▽
2010/10/19 11:54|ひとりごと日記TB:0CM:0
先日の選手権大会の反省として、
得点力がないことに気がつきました。

現役時代の得点パターンを思い出しながら、
今の自分に何が足りないの考えると
得点力をアップするヒントが
見えてくるように思います。

▽続きを読む▽
2010/02/19 21:47|ひとりごと日記TB:0CM:0
今回は、理論的なことから少し離れて
地区の選手権大会に参加した時の感想を
書きたいと思います。
社会人チームと高校チームの参加で行われます。
男子を見ると、高校チームは県大会では
ベスト4に入れない状況だと思います。
いい選手が同じ県内の他の地区に流失している
という状況があるからです。

▽続きを読む▽
2010/02/14 19:40|ひとりごと日記TB:0CM:0
最近は堅苦しい理論ばかりなので・・・。

今日、地区のミニバスケの大会を見て思いました。

アップの時の個人の能力を見て

試合の結果を予測するようにしながら

ただ単純に試合を見るのではおもしろくないので・・・。

▽続きを読む▽
2009/11/23 21:36|ひとりごと日記TB:0CM:0
ブログを移行しています。



▽続きを読む▽
2008/09/20 23:03|ひとりごと日記TB:0CM:2
バスケットに関わって学んできたこと。

チームスポーツであるバスケットをチームに

所属しておこなうことは、人生を学ぶことに

直結していたと感じている。



▽続きを読む▽
2008/04/03 08:41|ひとりごと日記TB:0CM:0
新入学、進学の季節です。

この春から、中学へ、または高校へと新天地で

バスケットに取り組む皆さんへ・・・ エールを送りたいと思います。



▽続きを読む▽
2008/03/18 12:19|ひとりごと日記TB:0CM:0

本当の日記みたいでいいのかな。

最近、特に昔が懐かしい。

それなりに歳を重ねてきたからかな。

そして、あの苦しくてやめたかったバスケットを

やっていた時のことを思い出す。


▽続きを読む▽
2007/09/21 12:01|ひとりごと日記TB:0CM:0


まもなく、月刊バスケットボールが発売される。 まちがいなく、山形全中の特集である。



▽続きを読む▽
2007/09/19 08:19|ひとりごと日記TB:0CM:0
以前から興味のあったブログ。

新しいコンピューターの購入を機会にはじめした。


▽続きを読む▽
2007/08/28 07:06|ひとりごと日記TB:0CM:0
東日本大震災のお見舞い

東日本大震災で被災された方々に 心よりお見舞い申し上げます。


ナイスシュート

image111.jpg


amazon


amazon DVD


amazon バスケグッズ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。