バスケットのちから~籠球論語~

バスケットボールの理論・知識・哲学・技術を独自の見解で紹介します。

カテゴリ


プロフィール

kiki

Author:kiki
kiki(キキ)です。
高校時代は能代工業、京北高校、
土浦日大、明大中野高校、等々
東日本の全国区のチームと対戦!
その経験から得たバスケットボール
の見解を紹介します。


ランキング

↓ここをクリック!ランキングアップ!
(にほんブログ村)
にほんブログ村 その他スポーツブログ バスケットボールへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
(人気ブログランキング)

FC2ブログランキング


アクセスカウンター


オンラインカウンター

現在の閲覧者数:


リンク

このブログをリンクに追加する


最新コメント


最新記事


最新トラックバック


検索フォーム


こころの言葉


Google AdSence


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:--|スポンサー広告
リバウンドはバスケット特有のプレーだと感じます。
そして、リバウンドどはどうゆうプレーでしょうか。

リバウンドとはシュートが外れた時にリカバリーする
プレーです。
リバウンドを自分たちのものにした時は必ず
試合に勝つことができるはずです。

▽続きを読む▽
スポンサーサイト
2010/04/25 21:29|リバウンドTB:0CM:0
練習している時の「気づき」は大変重要です。

自分で気づいたり、人から教えてもらったり、
チームの技術や能力についても、
もっとこうしたらいいのにと、多くのやるべきことを
気づくことがあります。

▽続きを読む▽
2010/04/20 17:40|精神論TB:0CM:2
チームワークという言葉を聞いて
どういうイメージを持ちますか?

古い考えや間違って考え方で言えば
自己犠牲の上に成り立つものが
チームワークと考えていませんか?

あなたが指導者ならば、本当のチームワークとは
何かを選手に説いたことは必ずあるはずです。


▽続きを読む▽
2010/04/15 18:16|精神論TB:0CM:0
型にはまっていない、野性的なプレーが
ミニバスケや中学バスケでは、
必要ではないかと思うのです。

そこで大切なのは速さです。
単純に足が速いというのではなく・・・

▽続きを読む▽
2010/04/10 21:31|技術理論TB:0CM:0
まず、楽しくなければならないということ。
これは決して楽をするということではありません。

人はどうやって、動くのか、働くのかと考えた時に
「楽しい」というのが一番自然で健全な動機に
なるのではないだろうか?



▽続きを読む▽
2010/04/05 18:54|指導論TB:0CM:0
バスケットボールは、チームスポーツという
ことでありながら、実は1対1によって
命運が決まると言っていいでしょう。

全体の勝負は、部分部分の個々の1対1の
勝負で勝つことで有利な状況を作り
チームの勝利へとつなげるものです。


▽続きを読む▽
2010/04/02 18:24|1対1TB:0CM:0
東日本大震災のお見舞い

東日本大震災で被災された方々に 心よりお見舞い申し上げます。


ナイスシュート

image111.jpg


amazon


amazon DVD


amazon バスケグッズ


Copyright(C) 2008 All Rights Reserved. バスケットのちから~籠球論語~
Powered by FC2ブログ.  JavaScript by LostTechnology. template designed by 遥かなるわらしべ長者への軌跡.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。