バスケットのちから~籠球論語~

バスケットボールの理論・知識・哲学・技術を独自の見解で紹介します。

カテゴリ


プロフィール

kiki

Author:kiki
kiki(キキ)です。
高校時代は能代工業、京北高校、
土浦日大、明大中野高校、等々
東日本の全国区のチームと対戦!
その経験から得たバスケットボール
の見解を紹介します。


ランキング

↓ここをクリック!ランキングアップ!
(にほんブログ村)
にほんブログ村 その他スポーツブログ バスケットボールへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
(人気ブログランキング)

FC2ブログランキング


アクセスカウンター


オンラインカウンター

現在の閲覧者数:


リンク

このブログをリンクに追加する


最新コメント


最新記事


最新トラックバック


検索フォーム


こころの言葉


Google AdSence


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:--|スポンサー広告

ミスの理論

ひとつのミスが試合の流れを変える。
それが勝敗を決めかねないことがあるでしょう。

ミスは必ず起こります。
ミスをゼロにすることなど不可能です。
だからこそ、一つでもミスを少なくすること
それが勝利へとつながります。

▽続きを読む▽
スポンサーサイト
2010/05/30 09:17|技術理論TB:0CM:0
実際の試合では成功したシュートと
同じかそれ以上のシュートミスが発生すると
考えるべきです。
それらはすべてリバウンドボールになるわけです。

このリバウンドボールをどれだけ獲れるかで
プレーの展開に大きく影響します。
「リバウンドを制するものは試合を制する」
というのがバスケットの金言なっている理由です。

▽続きを読む▽
2010/05/26 20:10|リバウンドTB:0CM:0
よくバスケットボールを上達させるために
何をすべきなのかと聞かれます。

それにはまず何をうまくさせたいのかを
考えなければならないと思います。

現状の観察と分析を行った上で
何をどうするのかを考察します。

▽続きを読む▽
2010/05/20 10:36|指導論TB:0CM:0
チームづくり、練習ドリルの採用、練習計画を
どのようにすればいいのか?を考えた時に
マニュアルなど存在しないと感じると思います。

これさえやれば勝てるという夢のような
マニュアルがあれば、どの指導者も採用し
すべてのチームが同じように強くなるでしょう。



▽続きを読む▽
2010/05/09 16:12|指導論TB:0CM:0
このチームは強いと感じるチームがあるだろう。
そのチームのどこが強いのだろうか?

もちろんオフェンス力は強いに違いない。
しかし、強いと思うチームと対戦した時に
そのチームからどのくらい点が取れるのだろうか?


▽続きを読む▽
2010/05/05 19:31|ディフェンススキルTB:0CM:0
練習や試合では失敗すると怒られるというのが
定番ではないでしょうか。

では、個人レベルの練習の時に色々なかたちで
プレーして失敗のかたちを知ることが必要なのでは
考えるのです。

▽続きを読む▽
2010/05/02 11:00|メンタル論TB:0CM:0
東日本大震災のお見舞い

東日本大震災で被災された方々に 心よりお見舞い申し上げます。


ナイスシュート

image111.jpg


amazon


amazon DVD


amazon バスケグッズ


Copyright(C) 2008 All Rights Reserved. バスケットのちから~籠球論語~
Powered by FC2ブログ.  JavaScript by LostTechnology. template designed by 遥かなるわらしべ長者への軌跡.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。