バスケットのちから~籠球論語~

バスケットボールの理論・知識・哲学・技術を独自の見解で紹介します。

カテゴリ


プロフィール

kiki

Author:kiki
kiki(キキ)です。
高校時代は能代工業、京北高校、
土浦日大、明大中野高校、等々
東日本の全国区のチームと対戦!
その経験から得たバスケットボール
の見解を紹介します。


ランキング

↓ここをクリック!ランキングアップ!
(にほんブログ村)
にほんブログ村 その他スポーツブログ バスケットボールへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
(人気ブログランキング)

FC2ブログランキング


アクセスカウンター


オンラインカウンター

現在の閲覧者数:


リンク

このブログをリンクに追加する


最新コメント


最新記事


最新トラックバック


検索フォーム


こころの言葉


Google AdSence


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:--|スポンサー広告

指導する時も、試合の采配をする時も、戦略を練る時も、 バスケットに限らず正しい「分析」が必要である。 その分析から指導方法を考えだしたり、 指示を出したり、戦略の準備をすることになる。




分析能力がないから、正しい指導、采配、戦略に
結びつかないのである。
個人レベルでやるべき課題はプレーヤーの数だけあるわけで、
各プレーヤーが今何を必要としているのか、
何をやることでより成長できるのかを見極めて
指導することが大事だと思う。

また、チームとしての課題については、 チームの方針や目標を短期的、中期的、長期的に示し、 取り組んでいかなければいけない。 上級生が引退して、新チームになった時に プレーヤーの能力やスキルレベルで 取り組む課題が違ってくるだろう。 しかし、基本的に継承するものもあるわけなので、 その部分に時間をかけなくてもいいように、 前チームの段階でチーム方針や約束ごとなど 徹底して植えつけておくことが望ましい。

試合に望むにあたって、 ゲームプラン、リスク対策、十分準備しておくことが必要だ。 準備しすぎということはない。 しかし、悪い事だけがおこるわけではない。 選手交代で思わぬ活躍をする選手をいるだろう。 そこも正しく分析しなければならない。 偶然の産物に惑わされると次も宝くじにでも 当たるような期待で選手の登用をしてしまう危険がある。

負けた試合こそ、分析が必要で、 今後の課題を細かく的確に抽出して、 練習に活かしていかなければ次の勝利はない。

分析は、起きた事柄の裏に部分まで理解できるよう、 あらゆる情報を入手し、集めた情報をグループ分けし、 それの答えをやるべきことを導きだすことである。

分析能力を磨くことが勝利への指導法の一つである。

↓↓↓よろしければ、クリックお願いします!

にほんブログ村 その他スポーツブログ バスケットボールへ人気ブログランキングへ

2007/09/24 08:55|勝利哲学論TB:0CM:0
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://kikibasket.blog59.fc2.com/tb.php/10-f31e71ee
東日本大震災のお見舞い

東日本大震災で被災された方々に 心よりお見舞い申し上げます。


ナイスシュート

image111.jpg


amazon


amazon DVD


amazon バスケグッズ


Copyright(C) 2008 All Rights Reserved. バスケットのちから~籠球論語~
Powered by FC2ブログ.  JavaScript by LostTechnology. template designed by 遥かなるわらしべ長者への軌跡.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。