バスケットのちから~籠球論語~

バスケットボールの理論・知識・哲学・技術を独自の見解で紹介します。

カテゴリ


プロフィール

kiki

Author:kiki
kiki(キキ)です。
高校時代は能代工業、京北高校、
土浦日大、明大中野高校、等々
東日本の全国区のチームと対戦!
その経験から得たバスケットボール
の見解を紹介します。


ランキング

↓ここをクリック!ランキングアップ!
(にほんブログ村)
にほんブログ村 その他スポーツブログ バスケットボールへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
(人気ブログランキング)

FC2ブログランキング


アクセスカウンター


オンラインカウンター

現在の閲覧者数:


リンク

このブログをリンクに追加する


最新コメント


最新記事


最新トラックバック


検索フォーム


こころの言葉


Google AdSence


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:--|スポンサー広告
選手がシュート、ドリブル、パスをしようとするならば

まずボールを捕球しなければならない。




そういう意味では、捕球は重要な技術であるといえる。

得点のチャンス(オフェンスの機会)を失う原因が

捕球の失敗やファンブルあるならば、

理想的な試合運びはできなくなる。

パスを回し、ひとが動き、ディフェンスを翻弄するには

メンバーの協力が必要であり、

それをつなぐのが、各人の捕球技術である。

            ・

正しい捕球は、よい身体のバランスと手や指の

正しい構えが必要である。

●ファンブルの原因●

◎キャッチする前にボールから目をはなす。

◎ボールの捕球は握力の緊張によって行われる。

 握力が弱ければ強いパスは取りにくい。

 ボールの勢いを誤った判断では、

 握力の緊張のタイミングがずれることでファンブルになる

◎手と指の構えが悪いということは、ボールに対して

 10本の指が同時に触れるように構えていないという

 ことである。

 10本の指の接触時間に差があるとファンブルがおきる。

◎腕の構えが悪ければ、ボールを受けるというよりは

 ボールに対する抵抗を生み出してファンブルになる。

ミニバスケにおいては、恐怖心で目をつむったり、

顔を引いて腕をつっぱってしまて、緊張のタイミングが

まったくなくなったりする。

ボールは友達!

をモットーにゆっくりしたボールを

             ・

確実にキャッチする練習からはじめていく方法しかない。

捕球の練習はパスと同時に行われる。

特に特別な練習方法はないが、

私が実行した練習の道具としては

ゴムのテニスボールのキャッチ。

卵での送球、捕球の練習が

ボールから目を離さないという点で有効であった。

2008/07/12 09:49|ミニバスケTB:0CM:0
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://kikibasket.blog59.fc2.com/tb.php/100-367b25d0
東日本大震災のお見舞い

東日本大震災で被災された方々に 心よりお見舞い申し上げます。


ナイスシュート

image111.jpg


amazon


amazon DVD


amazon バスケグッズ


Copyright(C) 2008 All Rights Reserved. バスケットのちから~籠球論語~
Powered by FC2ブログ.  JavaScript by LostTechnology. template designed by 遥かなるわらしべ長者への軌跡.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。