バスケットのちから~籠球論語~

バスケットボールの理論・知識・哲学・技術を独自の見解で紹介します。

カテゴリ


プロフィール

kiki

Author:kiki
kiki(キキ)です。
高校時代は能代工業、京北高校、
土浦日大、明大中野高校、等々
東日本の全国区のチームと対戦!
その経験から得たバスケットボール
の見解を紹介します。


ランキング

↓ここをクリック!ランキングアップ!
(にほんブログ村)
にほんブログ村 その他スポーツブログ バスケットボールへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
(人気ブログランキング)

FC2ブログランキング


アクセスカウンター


オンラインカウンター

現在の閲覧者数:


リンク

このブログをリンクに追加する


最新コメント


最新記事


最新トラックバック


検索フォーム


こころの言葉


Google AdSence


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:--|スポンサー広告
オフェンスの基本はやはり1対1ですね。

そして、周りがどう「合わせ」るかということです。




フリーランス(自由な攻撃)が基本だと思っています。

スクリーンプレーやフォーメーションのような

パターンのオフェンスはおもしろくない。

本当のディフェンスとの駆け引きができないと思うんです。

特に年齢が低いバスケットでは、なおさらだと思います。

まず、1対1の能力を上げることが大切だと思うんです。

それができずに、パターンにはしっては

弱いチームにしか勝てないでしょう。

          ・

強いチームはすぐにパターンに気づき、

動きをよんできます。

たとえば、1対1の能力のないチームが

パッシングゲーム(パスを主体にしたオフェンス)を

採用した場合には次のようなことが起こります。

相手はこんなディフェンスをしてくるでしょう。

ボールマンにプレッシャーをかける。

そして、パスカットをねらう。

これだけで、ボールを失うことになります。

プレーヤーはここでこっちへパスという

パターンしか教えられておらず、

選手はとりあえず言われたとおりにパスすれば

いいやとしか思わない。

教えられたことをやっている選手はある意味悪くない。

            ・

パターンだけに頼ると追い詰めれたときに

パターンに逃げて、ミスしても言われたとおり

にやっているといういい訳にはしる。

パターンを教えた指導者が怒っても

言われたとおりやってるだけ・・・

言葉にして言わなくてもそういう気持ちであろう。

            ・

パターンだけを教える指導者は

ひとつの答えしか教えていないのではないだろうか。

状況によって答えは変わります。

状況判断をして次のプレーを決めることを

教えなけらばならない。

自然にパターンは型通りではなくなってきます。

            ・

「突き詰めるとバスケットはシンプルになってくる。」

これは私の持論です。

ディフェンスを裏をかく、出し抜くことを考えながら

プレーしていくのがベストであると考えている。

そうすると、基本は1対1で、周りはそれに「合わせる」

ということになってくるのだが・・・・・

それを追及していくのとシンプルバスケットとなるのでは・・・

2008/08/01 09:51|オフェンススキルTB:0CM:0
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://kikibasket.blog59.fc2.com/tb.php/106-68feb411
東日本大震災のお見舞い

東日本大震災で被災された方々に 心よりお見舞い申し上げます。


ナイスシュート

image111.jpg


amazon


amazon DVD


amazon バスケグッズ


Copyright(C) 2008 All Rights Reserved. バスケットのちから~籠球論語~
Powered by FC2ブログ.  JavaScript by LostTechnology. template designed by 遥かなるわらしべ長者への軌跡.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。