バスケットのちから~籠球論語~

バスケットボールの理論・知識・哲学・技術を独自の見解で紹介します。

カテゴリ


プロフィール

kiki

Author:kiki
kiki(キキ)です。
高校時代は能代工業、京北高校、
土浦日大、明大中野高校、等々
東日本の全国区のチームと対戦!
その経験から得たバスケットボール
の見解を紹介します。


ランキング

↓ここをクリック!ランキングアップ!
(にほんブログ村)
にほんブログ村 その他スポーツブログ バスケットボールへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
(人気ブログランキング)

FC2ブログランキング


アクセスカウンター


オンラインカウンター

現在の閲覧者数:


リンク

このブログをリンクに追加する


最新コメント


最新記事


最新トラックバック


検索フォーム


こころの言葉


Google AdSence


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:--|スポンサー広告
ファーストブレイクを得意とするチームの攻撃を止めることは

相手のリズムを狂いわせて主導権を取ることになる。

それにはまず・・・・




 (1)リバウンダーにプレッシャーをかける。

   ファーストブレイクを阻止する第一のディフェンスは

   リバウンダーに対するプレッシャーである。

   相手がリバウンドした時は、リバウンダーに一番近い

   プレーヤーが相手を捕らえプレスする。

 (2)アウトレット・パスレシーバーを苦しめる。

   ファーストブレイクを阻止する第二のディフェンスは

   アウトレットパスを阻止することである。

   セイフティーマンの一人は第一パスがきそうな

   プレーヤーをマークして、そのパスを遅れさせる。

   もし、パスが入った時は、そのプレーヤーにプレスして

   第二パスを遅れさせる。

 (3)ミドルレーンをマークする。

   ファーストブレイク阻止の第三のディフェンスは

   ミドルレーンへのパス、ミドルレーンへのドリブルを

   阻止することである。

 (4)ドリブルへのプレス。

   もし、相手がボールをミドルレーンで受けてドリブルで

   進めようとする時は、ドリブルを止めるべくディフェンス

   するか、サイドに追いやるようなディフェンスする。

 (5)常にボールマンへプレスする。

   ファーストブレイクを効果的に阻止するには、

   積極的なディフェンスが必要である。

   常にボールにプレッシャーをかけることで

   容易にパスやドリブルさせずに

   相手のボール運びを苦しめることが必要である。

 (6)すべてのディフェンスはボールラインまで

    全力で後退する。

   ファーストブレイクの目的はアウトナンバーを狙うこと

   であるから、相手に数的にならないようにする。

   それには、ディフェンスマンがより早く戻り

   数的、ポジション的にも不利にならないようにする。

以上が私の考えるファーストブレイクに対するディフェンスの

考え方である。

2008/08/15 04:00|勝利哲学論TB:0CM:0
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://kikibasket.blog59.fc2.com/tb.php/111-6328753a
東日本大震災のお見舞い

東日本大震災で被災された方々に 心よりお見舞い申し上げます。


ナイスシュート

image111.jpg


amazon


amazon DVD


amazon バスケグッズ


Copyright(C) 2008 All Rights Reserved. バスケットのちから~籠球論語~
Powered by FC2ブログ.  JavaScript by LostTechnology. template designed by 遥かなるわらしべ長者への軌跡.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。