バスケットのちから~籠球論語~

バスケットボールの理論・知識・哲学・技術を独自の見解で紹介します。

カテゴリ


プロフィール

kiki

Author:kiki
kiki(キキ)です。
高校時代は能代工業、京北高校、
土浦日大、明大中野高校、等々
東日本の全国区のチームと対戦!
その経験から得たバスケットボール
の見解を紹介します。


ランキング

↓ここをクリック!ランキングアップ!
(にほんブログ村)
にほんブログ村 その他スポーツブログ バスケットボールへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
(人気ブログランキング)

FC2ブログランキング


アクセスカウンター


オンラインカウンター

現在の閲覧者数:


リンク

このブログをリンクに追加する


最新コメント


最新記事


最新トラックバック


検索フォーム


こころの言葉


Google AdSence


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:--|スポンサー広告
 ファーストブレイクについて、何度か書いてきました。

でも、もっとも重要なのは、その土台となる脚づくりです。




 しかし、なかなか、コンディションをつくるのはむずかしいものです。

特に学生バスケ(ミニ、中学、高校)では、学校行事や、体育館の

使用の条件などで、練習時間が制約を受けるでしょう。

 ただ、走るだけでは脚力はなかなかつきません。

そもそも、陸上競技ではないのですから、走るだけの練習だけを

行うわけにはいきません。

 ボールを扱う技術の練習もしなければなりません。

試合が近くなれば、ゲーム方式の練習がメインになります。

その際、5対5であれば、10人以外の選手はコートにでることが

なくなり、見学ということになります。他のチームが相手であれば

5人しか出れないということになります。

練習の中で走らせるといっても、なかなかうまくいかないものです。

 さて、脚力は勝つためには必要です。それをうまく作るためには

長期的なスタンスで練習を考えていくことが必要です。

 チーム全体と個人にも細心の考慮で指導していくことが

重要であると思います。

 本来であれば、指導者が考えるよりも、選手一人一人が

自分に何が足りないか?何が必要が?と考えれば

自主的なトレーニングとして取り組もうする選手になるように

指導すべきなのかもしれません。

 しかし、それもなかなかうまくいかないものです。

 また、せっかく練習で脚づくりに取り組んでも、

けが人が多く出たりすると、メニューを変えなければ

ならなくことも少なくないでしょう。

 まずは身近なところからはじめましょう。

いかなるプレーにおいても、全力で走るということを

徹底させましょう。

 誰か一人でも少しでも抜いて走るようでなチームでは

勝てないのは当然です。

 「チームの目標」を設定し、そのために全力プレーを

するように自覚をもたせることが必要です。

 練習は誰のものではなく、自分のためのもの!

これに気づくことが大切です。

2008/08/21 06:57|指導論TB:0CM:0
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://kikibasket.blog59.fc2.com/tb.php/112-0f216889
東日本大震災のお見舞い

東日本大震災で被災された方々に 心よりお見舞い申し上げます。


ナイスシュート

image111.jpg


amazon


amazon DVD


amazon バスケグッズ


Copyright(C) 2008 All Rights Reserved. バスケットのちから~籠球論語~
Powered by FC2ブログ.  JavaScript by LostTechnology. template designed by 遥かなるわらしべ長者への軌跡.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。