バスケットのちから~籠球論語~

バスケットボールの理論・知識・哲学・技術を独自の見解で紹介します。

カテゴリ


プロフィール

kiki

Author:kiki
kiki(キキ)です。
高校時代は能代工業、京北高校、
土浦日大、明大中野高校、等々
東日本の全国区のチームと対戦!
その経験から得たバスケットボール
の見解を紹介します。


ランキング

↓ここをクリック!ランキングアップ!
(にほんブログ村)
にほんブログ村 その他スポーツブログ バスケットボールへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
(人気ブログランキング)

FC2ブログランキング


アクセスカウンター


オンラインカウンター

現在の閲覧者数:


リンク

このブログをリンクに追加する


最新コメント


最新記事


最新トラックバック


検索フォーム


こころの言葉


Google AdSence


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:--|スポンサー広告
勝利のためには、ディフェンスを武器にしなければ

ならないと考えます。



●相手のディフェンスについてのスカウティング

 ・相手が主とするディフェンスは?

 ・いくつのディフェンスを持っているか?

 ・ディフェンスの中心選手はいるか?

 ・どこをポイントにして潰しにくるのか?

 ・当たりの激しさはどうか?

 ・ボールに対してのチェック(手元のディフェンス)のうまさはどうか?

 ・ディフェンスリバウンドのスクリーンアウトの激しさ、徹底度はどうか?

 ・チームディフェンスとして強いのか?個人技術として強いのか?

 ・ウイークポイントはあるか?

 ・スクリーンに対してどう対応するか?

 ・スイッチ、スライド、ファイトオーバーをどう使うか?

 ・反撃の強さ、速さはどうか?

 ・パスカットを狙うプレーヤーは誰か?

 ・リバウンドからパスアウトが 早くファーストブレークのキープレーヤーはいるか?

 などなど、私が考えるディフェンスの スカウティングの項目である。

チームがオフェンス、ディフェンスのスカウティングを行い、 攻撃と防御の対策を準備して試合に臨んでも うまくいかないことはたくさんある。

相手の出方にだけ対応しても、後手にまわるだけである。 先手を打つためには「攻める」ことが大切である。 得意の攻撃プレー、防御プレーを多く持ち、 駆使することで勝利へとつなげることが重要なのだと思う。

中学や高校では、新チームとしての活動がはじまり、 新人戦という一つのハードルを越えたところで、 チームの課題も見えてきたことだろう。

大切なことは、 自分のチームのスカウティングなのかもしれない。 去年のチームと同じようなシステムやプランで活動しても、 去年と今年のメンバーの体格、能力、選手層などの 差があればうまく機能しない。

現チームの状況を見て今のチームに合った 具体的な目標や課題を設定することを忘れてはいけない。 でなければ、すべてが中途半端になって選手にとって 不幸な結果になってしまう。

いろいろと考えるだけで、 バスケットボールという競技は楽しいものである。

2007/09/29 05:41|勝利哲学論TB:0CM:0
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://kikibasket.blog59.fc2.com/tb.php/12-e3e6e01c
東日本大震災のお見舞い

東日本大震災で被災された方々に 心よりお見舞い申し上げます。


ナイスシュート

image111.jpg


amazon


amazon DVD


amazon バスケグッズ


Copyright(C) 2008 All Rights Reserved. バスケットのちから~籠球論語~
Powered by FC2ブログ.  JavaScript by LostTechnology. template designed by 遥かなるわらしべ長者への軌跡.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。