バスケットのちから~籠球論語~

バスケットボールの理論・知識・哲学・技術を独自の見解で紹介します。

カテゴリ


プロフィール

kiki

Author:kiki
kiki(キキ)です。
高校時代は能代工業、京北高校、
土浦日大、明大中野高校、等々
東日本の全国区のチームと対戦!
その経験から得たバスケットボール
の見解を紹介します。


ランキング

↓ここをクリック!ランキングアップ!
(にほんブログ村)
にほんブログ村 その他スポーツブログ バスケットボールへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
(人気ブログランキング)

FC2ブログランキング


アクセスカウンター


オンラインカウンター

現在の閲覧者数:


リンク

このブログをリンクに追加する


最新コメント


最新記事


最新トラックバック


検索フォーム


こころの言葉


Google AdSence


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:--|スポンサー広告

プレーの精度

プレーの精度を上げるにはどのようなことがポイントと

なるのかを考察したい。




●精度を下げる要因

 ・技術の未熟さ

 ・判断のミス

 ・メンタル面の未熟さ

 ・コンディションの悪さ(スタミナ不足等)

●技術の未熟さについて

 これについては、練習しかないが

 技術を習得するときには、基本に忠実でなければならない。

 ボールハンドリング、ボディコントロール、ビジョン、

 いろいろな要素が絡み合ってくる。

 技術に対する理論や知識を学ぶことも必要になってくる。

 真似から学ぶということもできるだろう。うまい人のプレーを

 真似してみる。できなかったらどうすればでいるのかと研究する。

●判断について

 判断には必ずビジョン、見るということが必要である。

 いかに効率的にコートを見るか、そしてプレーを予測すると。

 プレーを予測するということは、常に考えているということ。

 ビジョンも考えることも、多くのチャンネルを持ち切り替える

 ことができると判断も早くなり、的確なプレーの選択が

 できるようになるはず。

●メンタル面について

 弱気は消極的になるばかりでなく、プレーの悪循環を生む。

 勝ちたいという気持ちが大切。これは単に試合ということでなく

 ワンプレー、ワンプレーの攻防に言えることである。

 ルーズボール、リバウンド、1対1それぞれの攻防で

 勝ちたいという気持ちを持ち続けることが大切。

●コンディション(スタミナ)について

 技術、メンタルのどちらの基盤になるのはスタミナではないだろうか。

 体力面に不安があると、すべてに影響がでてくる。

 まして、接戦なるとその消耗は激しい。

 単純な脚力というのではなく、ゲームのスタミナを

 上げるべく練習を取り組む必要がある。

 ただし、試合前の過度の練習での疲労の蓄積は

 もっと怖いと言える。思わぬ怪我に結びつくからだ。


プレーの精度を上げるためには、ミスを少なくするために

日頃から取り組んでいかなければいけない。

ミスしたら、なぜミスになったのかを考えよう。

そして、ミスしても次を頑張るという強い気持ちも必要でなる。  
2008/09/21 23:09|技術理論TB:0CM:0
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://kikibasket.blog59.fc2.com/tb.php/123-6b854b8a
東日本大震災のお見舞い

東日本大震災で被災された方々に 心よりお見舞い申し上げます。


ナイスシュート

image111.jpg


amazon


amazon DVD


amazon バスケグッズ


Copyright(C) 2008 All Rights Reserved. バスケットのちから~籠球論語~
Powered by FC2ブログ.  JavaScript by LostTechnology. template designed by 遥かなるわらしべ長者への軌跡.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。