バスケットのちから~籠球論語~

バスケットボールの理論・知識・哲学・技術を独自の見解で紹介します。

カテゴリ


プロフィール

kiki

Author:kiki
kiki(キキ)です。
高校時代は能代工業、京北高校、
土浦日大、明大中野高校、等々
東日本の全国区のチームと対戦!
その経験から得たバスケットボール
の見解を紹介します。


ランキング

↓ここをクリック!ランキングアップ!
(にほんブログ村)
にほんブログ村 その他スポーツブログ バスケットボールへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
(人気ブログランキング)

FC2ブログランキング


アクセスカウンター


オンラインカウンター

現在の閲覧者数:


リンク

このブログをリンクに追加する


最新コメント


最新記事


最新トラックバック


検索フォーム


こころの言葉


Google AdSence


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:--|スポンサー広告
1対1を考える時、ステップやストップは必ず

シュートやパスやドリブル関わる技術になります。

まずボールマンになるということは、ボールをもらうことが

必要になってきます。

タイトなディフェンスに対してボールをもらうということで

考えなければいけないことは、次の通りです。




● 何処でもらいたいのか。

● 自分がもらうのか、味方にもらわせるのか。

● もらってから、どう攻めるのか。

● ボールマンは何をしようといているのか。

● ボールマンの邪魔はしていないか。

● 他の味方はどこにいるか。

● パスすべき、他の味方がいるか。

さて、ボールをもらうためにのポイントは・・・

◎ 逆をつくからディフェンスを振り切れる。

  ・ ディフェンスはオフェンスが行こうといている方向を

    抑えようとするのだから、本当にもらいたいところの

    逆に動いてディフェンスを動かしてから目的のスペースに

    動くことで、ボールをもらうことを狙う。

    ディフェンスの反応が悪ければそのままもらえばよい。

◎ スピードの変化でディフェンスを振り切る。

  ・ トップスピードで動けば、ディフェンスもトップスピードで

    対応してくる。ボールもらう瞬間はどうしてもスピードが

    落ちたり、止まったりするので、ディフェンスが動いている分

    パスをカットされたり、ディフェンスにナイスパスに

    なったりしてしまう。

    ゆっくりともらう方向に動き出し、もらう瞬間にスピードを
 
    上げてもうらうようにする。(チェンジオブぺース)

    注意しなければならないのは、スペースがあるかどうかと

    スペースをどう使うかを考えなければいけないということ。

    他に味方がどう動くのかも影響する。

◎ ディフェンスがルーズなら、近づく必要はない。

   ・ボールをもらうために、上記のことを考えすぎて

    ディフェンスに近づいて守ってもらってからボールを

    もらいにいくようなことはないようにしたい。

    動かずその場でもらえるのかを判断して、

    もらえるならすぐにそこでミートしてもらい、

    出てくるディフェンスに仕掛ければいい。


★ 動くということは、そこに目的がなければならない。

 
 目的とはいかにリングに近づき、シュートを狙うということである。

目的を達成するためには、状況の判断が必要である。

  状況の判断を行うためには、ビジョン(視野)が必要なる。

  実際にプレーするためには、技術が必要となる。

  技術があるなら、その状況にあったプレーの選択肢が必要になる。


  このように、色々なスキルのジョイントによって

  よいプレーになるのである。

  
  そのジョイントをより確かにするのに大切なことは、

  「攻める」「勝ちたい」という強い気持ちである。

  
2008/09/24 21:14|1対1TB:0CM:1
読まさせていただきました。
応援ポチッ!!!
サトシ #-|2008/09/28(日) 14:27 [ 編集 ]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://kikibasket.blog59.fc2.com/tb.php/124-1af7135f
東日本大震災のお見舞い

東日本大震災で被災された方々に 心よりお見舞い申し上げます。


ナイスシュート

image111.jpg


amazon


amazon DVD


amazon バスケグッズ


Copyright(C) 2008 All Rights Reserved. バスケットのちから~籠球論語~
Powered by FC2ブログ.  JavaScript by LostTechnology. template designed by 遥かなるわらしべ長者への軌跡.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。