バスケットのちから~籠球論語~

バスケットボールの理論・知識・哲学・技術を独自の見解で紹介します。

カテゴリ


プロフィール

kiki

Author:kiki
kiki(キキ)です。
高校時代は能代工業、京北高校、
土浦日大、明大中野高校、等々
東日本の全国区のチームと対戦!
その経験から得たバスケットボール
の見解を紹介します。


ランキング

↓ここをクリック!ランキングアップ!
(にほんブログ村)
にほんブログ村 その他スポーツブログ バスケットボールへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
(人気ブログランキング)

FC2ブログランキング


アクセスカウンター


オンラインカウンター

現在の閲覧者数:


リンク

このブログをリンクに追加する


最新コメント


最新記事


最新トラックバック


検索フォーム


こころの言葉


Google AdSence


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:--|スポンサー広告
オフェンスの基本原則について考えましょう。




●ファーストブレイクで攻める。

 最も簡単に得点できる方法と言えば、ファーストブレイク。

 ボールと取った瞬間に攻めの展開にすぐに入れることが望ましい。

 その意識をつくるためにもシステムやチームの約束事を設定する。

 ファーストブレイクは、ゾーンが整う前に、プレスが機能する前に

 攻めることができれは簡単に突破できる武器になる。

 速い攻めは、やぶることができなくてもディフェンスを目的もなく

 後退せざるをえない状況をつくることもできる。

●リバウンドの組織的につくる。

 チームに強いリバンダーがいることは大きな武器になる。

 そのリバンダーが常にミスシュートのリバウンドにからむことができれば

 得点能力は上がるはずである。モーションオフェンスを採用すると

 5人の選手が動くので、常にリバウンドが強い布陣にはならないことが

 あるかもしれないが、ここ一番のオフェンスパターンをつくる時に

 リバウンドを考えてつくる必要もあると考える。

●レイアップシュートとともにアウトサイドシュートの脅威を与える。

 オフェンスがドライブしてレイアップシュートされるのは最も

 脅威的なオフェンスであると考える。確実なドライブシュートで

 攻める時、ディフェンスは小さく守らざるをえない。

 その時、確実なアウトサイドのシュートがあると

 ディフェンスには脅威である。そして、それにスクリーンを

 組み合わせると、なお有効な攻撃ができると考える。

まだまだ、書きたいところですが・・・・今日はこのへんで・・・。

2008/10/16 21:39|オフェンススキルTB:0CM:0
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://kikibasket.blog59.fc2.com/tb.php/130-36af9b0f
東日本大震災のお見舞い

東日本大震災で被災された方々に 心よりお見舞い申し上げます。


ナイスシュート

image111.jpg


amazon


amazon DVD


amazon バスケグッズ


Copyright(C) 2008 All Rights Reserved. バスケットのちから~籠球論語~
Powered by FC2ブログ.  JavaScript by LostTechnology. template designed by 遥かなるわらしべ長者への軌跡.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。