バスケットのちから~籠球論語~

バスケットボールの理論・知識・哲学・技術を独自の見解で紹介します。

カテゴリ


プロフィール

kiki

Author:kiki
kiki(キキ)です。
高校時代は能代工業、京北高校、
土浦日大、明大中野高校、等々
東日本の全国区のチームと対戦!
その経験から得たバスケットボール
の見解を紹介します。


ランキング

↓ここをクリック!ランキングアップ!
(にほんブログ村)
にほんブログ村 その他スポーツブログ バスケットボールへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
(人気ブログランキング)

FC2ブログランキング


アクセスカウンター


オンラインカウンター

現在の閲覧者数:


リンク

このブログをリンクに追加する


最新コメント


最新記事


最新トラックバック


検索フォーム


こころの言葉


Google AdSence


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:--|スポンサー広告
ドリブル力の向上のためには、練習しかありません。
正しい姿勢、正しいハンドリングにこだわることが必要です。

私はツーボールドリブルで初期の段階のスキルを身につけさせたいと
考えます。



●正しい姿勢とはパワーポジションの姿勢をとること。

 「パワーポジション」とは、瞬間的にすばやく動くための
 準備姿勢をいう。足幅は、前後左右、上下に素早く動ける幅。
 膝とつま先hが同じ方向を向いている。
 股関節、膝関節、足関節を曲げることで、それらの筋肉を
 力強く、協調的に動かすことのできる姿勢ということになる。

●指先の感覚と筋力の強化。

 ボールハンドリングは正しい手の形が基本になります。
 通常行われるボールハンドリングを採用しながら、
 ドリブルでは、指先の感覚を身につけるようにします。
 「ボールを指先で見る」ということを意識させます。
 失敗してもいいんです。ボールを見ないことが大切です。
 また、強く突くいうことも重要です。

 ・ 重要なことは、ボールを見ないということ。
   失敗してもいいんです。ドリブルしながら、
   顔が下を向いていることの方が上達を妨げます。

 ・ 重要なことは、ボール強くつくということ。
   あたかもボールが手についているようなドリブルが
   理想ですから、それには強く突いて、引きつけることが
   ポイントとなるでしょう。

 ・ 肩から下の全体でボールを突くということを意識します。
   初心者のドリブルは、手首だけで突くように見えます。
   腕を使い、指先でコントロールすることでドリブルが
   安定するようになります。

さて、ドリブルは最終手段だと思って下さい。

まずはシュート。そして、パス。次にドリブルです。

正しい目的と、正しい状況で使うことがドリブルには必要です。

無駄なドリブルはしない。無意味なドリブルはしない。

この意識が大切なのです。 
2008/10/26 19:37|ドリブル・スキルTB:0CM:0
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://kikibasket.blog59.fc2.com/tb.php/134-8044b805
東日本大震災のお見舞い

東日本大震災で被災された方々に 心よりお見舞い申し上げます。


ナイスシュート

image111.jpg


amazon


amazon DVD


amazon バスケグッズ


Copyright(C) 2008 All Rights Reserved. バスケットのちから~籠球論語~
Powered by FC2ブログ.  JavaScript by LostTechnology. template designed by 遥かなるわらしべ長者への軌跡.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。