バスケットのちから~籠球論語~

バスケットボールの理論・知識・哲学・技術を独自の見解で紹介します。

カテゴリ


プロフィール

kiki

Author:kiki
kiki(キキ)です。
高校時代は能代工業、京北高校、
土浦日大、明大中野高校、等々
東日本の全国区のチームと対戦!
その経験から得たバスケットボール
の見解を紹介します。


ランキング

↓ここをクリック!ランキングアップ!
(にほんブログ村)
にほんブログ村 その他スポーツブログ バスケットボールへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
(人気ブログランキング)

FC2ブログランキング


アクセスカウンター


オンラインカウンター

現在の閲覧者数:


リンク

このブログをリンクに追加する


最新コメント


最新記事


最新トラックバック


検索フォーム


こころの言葉


Google AdSence


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:--|スポンサー広告

勝利への原則



すべてのスポーツにおいての第一の目標は勝利である。




勝者は勝つための方法をしっており、

それに向かって準備できる者である。

逆に敗者は勝つためにするべきことを知らない者。

何をしたらいいのかわからない人である。

チームは何を準備するべきか。 するべき準備のための知識が必要である。 前にも述べたように相手チーム、 自チームのスカウティングがうまく出来てないと 誤った無駄な準備をしてしまうことになる。

戦略・戦術は達成可能なものいでなければならない。

チームの技術レベルをはるかに超えた高度な戦略・戦術では、 相手チームに負ける前に自滅してしまう。

理想を追い求めて、夢を見るのもいいが、 理想と現実を見極めて戦略・戦術を採用する必要がある。

ともあれ、どんなチームにでも取り入れられるほど、 出来るだけ多くの戦略・戦術の知識を持つに限る。 勉強あるのみだ。 最初は真似や本からの知識を当てはめるのもいいだろう。

しかし、出来ればそれらの知識を集結させて、 オリジナリィな戦略・戦術を構築させるのが理想である。

勝利への本質は「少ないエネルギーで 最高の結果を出す」ことに尽きる。 合理的に準備を進められば、勝利はわが手中にあると言える。

力が伯仲したチーム同士では、 ちょっとした技術の差、戦略・戦術、 ベンチのちょとした指示が勝敗を分けることになる。

細かい原則論は次回!

2007/10/04 08:13|勝利哲学論TB:0CM:0
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://kikibasket.blog59.fc2.com/tb.php/14-c11cd07f
東日本大震災のお見舞い

東日本大震災で被災された方々に 心よりお見舞い申し上げます。


ナイスシュート

image111.jpg


amazon


amazon DVD


amazon バスケグッズ


Copyright(C) 2008 All Rights Reserved. バスケットのちから~籠球論語~
Powered by FC2ブログ.  JavaScript by LostTechnology. template designed by 遥かなるわらしべ長者への軌跡.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。