バスケットのちから~籠球論語~

バスケットボールの理論・知識・哲学・技術を独自の見解で紹介します。

カテゴリ


プロフィール

kiki

Author:kiki
kiki(キキ)です。
高校時代は能代工業、京北高校、
土浦日大、明大中野高校、等々
東日本の全国区のチームと対戦!
その経験から得たバスケットボール
の見解を紹介します。


ランキング

↓ここをクリック!ランキングアップ!
(にほんブログ村)
にほんブログ村 その他スポーツブログ バスケットボールへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
(人気ブログランキング)

FC2ブログランキング


アクセスカウンター


オンラインカウンター

現在の閲覧者数:


リンク

このブログをリンクに追加する


最新コメント


最新記事


最新トラックバック


検索フォーム


こころの言葉


Google AdSence


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:--|スポンサー広告
バスケットボールという競技では

大学であろうが高校であろうが、中学、ミニバスケであろうが

チームの構成に応じてでいかなる戦略をつかったとしても

勝負の決着は、基本技能で決まる・・・


選手も指導者も試合の勝敗が

「基本技能の勝負がものをいう」ことを

いやというほど思い知らされているはずである。

しかし、練習時間を比例して基本技能のレベルが

上がているはずと思いこんでいることが良くある。

練習をしているのだから、時間をかけているのだからと言って、

基本技能が必ずしもあがるものではない。

上達しない理由がそこにあるのではだろうか。

個人のレベル、チームのレベルにかかわらず

型どおりの練習計画とパターンの練習することなど

本当は自分自身に爆弾を仕掛けるようなものである。

そして、試合で何もできずに負けてしまう・・・

それが自爆すると言うことである。


わたしはバスケットボールという競技に魅了されている。

どこに魅力を感じるのか・・・・・


5対5であれ、1対1であれ、

お互いの磨き上げられた技術と

鍛え上げられた力のぶつかり合いによる戦いに

魅力を感じるのである。

そこには「迫真の戦い」・・・「真剣勝負」がある。

それがたまらないのである。

スーパースター的選手がいないのに

粘りのあるディフェンスとチーム力で戦うチームが

善戦して勝利したり、

個人技術の応酬で1点を争ういい試合になって

息を飲むような攻防が展開される・・・。

それを見て興奮し、感動するのである。


戦法や戦術がすばらしいものとして機能するためには

確実に築きあげた基本技能が土台でなければならない。

「何をするかではないのだ。大切なのは

 いかに巧みにおこなうかということである。」

基本技能の習得なしではいい戦法や戦術は

意味をなさないのである。

もくろみをもって試合に臨みたければ、

いかに基本技能を習得するか、させるかを

常に考えて努力しなければならない。


日々の練習の取り組みは、

基本技術を身につけること。

基本技術を正しく使えること。

変わる状況に合わせて発揮できること。

ということを目的としなければならない。


DVDバスケットボールテクニック―1 on 1を極める! (012スポーツ・シリーズ)DVDバスケットボールテクニック―1 on 1を極める! (012スポーツ・シリーズ)
(2008/06)
塚本 清彦

商品詳細を見る
2009/01/21 19:46|技術理論TB:0CM:0
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://kikibasket.blog59.fc2.com/tb.php/152-601648a9
東日本大震災のお見舞い

東日本大震災で被災された方々に 心よりお見舞い申し上げます。


ナイスシュート

image111.jpg


amazon


amazon DVD


amazon バスケグッズ


Copyright(C) 2008 All Rights Reserved. バスケットのちから~籠球論語~
Powered by FC2ブログ.  JavaScript by LostTechnology. template designed by 遥かなるわらしべ長者への軌跡.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。