バスケットのちから~籠球論語~

バスケットボールの理論・知識・哲学・技術を独自の見解で紹介します。

カテゴリ


プロフィール

kiki

Author:kiki
kiki(キキ)です。
高校時代は能代工業、京北高校、
土浦日大、明大中野高校、等々
東日本の全国区のチームと対戦!
その経験から得たバスケットボール
の見解を紹介します。


ランキング

↓ここをクリック!ランキングアップ!
(にほんブログ村)
にほんブログ村 その他スポーツブログ バスケットボールへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
(人気ブログランキング)

FC2ブログランキング


アクセスカウンター


オンラインカウンター

現在の閲覧者数:


リンク

このブログをリンクに追加する


最新コメント


最新記事


最新トラックバック


検索フォーム


こころの言葉


Google AdSence


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:--|スポンサー広告
先日のミニバスケの娘の練習を見学して

ミドル、ロングシュートをチェックしました。

シュートのフォーム、タイミングはいい感じです。

球筋もいい感じ・・・

なのに入らない。なぜか?



ロングシュートに近い距離のシュート練習。

何気なく打っている感じがする。

どうせ入らないと言った感じである。

「フォームはいい。決める気持ちで打ったら。」

娘はうなずいた。

しかし、球筋はいいのに入らない。

他に問題がある。

ミートして打つまでの間に頭が動く。

つまり良く構えていない。

「リングを見て。狙いはどこなの。」

思わず歩み寄って行ってしまう。

そうしたら、シュートが決まる。

そして、連続してまた決まる。

これが原因かな。

●今回のシュートのポイント●

 ・頭を動かさないこと。

  シュートの時、頭が動くということは距離感が

  でないと思うのです。
  
  事実、娘のシュートの外れ方は、短いか長いという

  距離感の問題。

 ・しっかりと目標を見る。

  目線が大事だと思うんです。

  何気なく打っていては、距離感はでません。

  人によりますが、リングの手前狙いなのか

  リングの奥狙いなのかを決めましょう。


体育館のボードの裏の状況、

エンドラインからの壁の距離など

ボードの素材、木の白塗りか透明ボードか

などの要素で距離感が変わります。

普段、練習している体育館では、

意識しなくても、慣れで距離感がでます。

今回、娘のの場合、練習場がいつもと変わりました。

その影響もあったのでしょう。

自分がシュートしているならば、

何が問題なのかを判断して修正できますが、

このような場合はなかなかむづかしいものです。

娘にも、徐々にシュートの修正法を教えて

いきたいと思います。

自分で興味を持って考えてくれるのが

一番なのですが・・・・


2009/01/25 21:13|シュート・スキルTB:0CM:0
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://kikibasket.blog59.fc2.com/tb.php/154-ddc6779b
東日本大震災のお見舞い

東日本大震災で被災された方々に 心よりお見舞い申し上げます。


ナイスシュート

image111.jpg


amazon


amazon DVD


amazon バスケグッズ


Copyright(C) 2008 All Rights Reserved. バスケットのちから~籠球論語~
Powered by FC2ブログ.  JavaScript by LostTechnology. template designed by 遥かなるわらしべ長者への軌跡.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。