バスケットのちから~籠球論語~

バスケットボールの理論・知識・哲学・技術を独自の見解で紹介します。

カテゴリ


プロフィール

kiki

Author:kiki
kiki(キキ)です。
高校時代は能代工業、京北高校、
土浦日大、明大中野高校、等々
東日本の全国区のチームと対戦!
その経験から得たバスケットボール
の見解を紹介します。


ランキング

↓ここをクリック!ランキングアップ!
(にほんブログ村)
にほんブログ村 その他スポーツブログ バスケットボールへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
(人気ブログランキング)

FC2ブログランキング


アクセスカウンター


オンラインカウンター

現在の閲覧者数:


リンク

このブログをリンクに追加する


最新コメント


最新記事


最新トラックバック


検索フォーム


こころの言葉


Google AdSence


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:--|スポンサー広告
バスケットにおけるチームとしての取り組みについては、

今回は主に中高生を中心に考える。



チームの弱点や個人の技術の未熟な点を中心に

指導してしまいがちである。

指導にあたっては、悪いところ、出来ないことは見えやすい。

終始、弱点や未熟なところを克服するための練習は チームとして取り組むことではないと思うのである。

なぜなら、出来ないことを出来るようにするには、 大きなエネルギーが必要である。

また、出来ないことが、チーム全体が出来ないことなのか、 半数なのか、少数なのか、でプレーヤーのやる気にも影響する。

確かに、ある程度の技術がないと、 目指すチームレベルまでに達しないため勝てるチームにならないかもしれない。

実はチームとして取り組むべき観点を180度変えて、 チームの良いところを磨く練習をに取り組んだほうが能率的ではないかと思う。

長身者が多くいる場合は、高さを活かした練習。 スピードがある選手が多い場合は、ブレイクを活かした練習やドライブイン、 パスアンドランなどのランプレーの練習。 いいシューターがたくさんいる場合はアウトサイドシュートを基点にしながら、 ドライブで攻める練習。

自チームの特徴を最大限活かせる練習メニューを つくり取り入れるべきだと考える。

そういう意味から、チームが変われば、そのチームの特徴に合わせて練習メニューやシステムが変わるのが本当のチームの取り組むべき練習であろう。

あるチームで、その練習やシステムが成功したからといって、毎年、同じ練習やシステムでチームづくりする指導はいかがなものか。

まず、チームの特徴を活かした武器を練習で磨きあげること。武器をいくつか習得したあとに弱点を克服する練習をするべきだと考える。

誤解しないでほしいのは、チームのルールを作るための時間をかける必要がある。

しかし、ある一人のために行われるものではない。出来ないのが一人であるなら、違うプレーヤーを使いチームの練習段階の停滞をさけるべきである。

中高生の現役の時期は本当に 短い。効率よくチームをレベルアップさせる必要がある。

取捨選択こそが指導の真髄かもしれない。

バスケットボール・スーパースターズ Vol.3 DVD バスケットボール・スーパースターズ Vol.3

販売元:トランスフォーマー
発売日:2007/08/24
Amazon.co.jpで詳細を確認する

BASKET BALL Music BASKET BALL

販売元:コロムビアミュージックエンタテインメント
発売日:2002/08/21
Amazon.co.jpで詳細を確認する

2007/10/12 12:31|指導論TB:0CM:0
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://kikibasket.blog59.fc2.com/tb.php/16-197b49b1
東日本大震災のお見舞い

東日本大震災で被災された方々に 心よりお見舞い申し上げます。


ナイスシュート

image111.jpg


amazon


amazon DVD


amazon バスケグッズ


Copyright(C) 2008 All Rights Reserved. バスケットのちから~籠球論語~
Powered by FC2ブログ.  JavaScript by LostTechnology. template designed by 遥かなるわらしべ長者への軌跡.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。