バスケットのちから~籠球論語~

バスケットボールの理論・知識・哲学・技術を独自の見解で紹介します。

カテゴリ


プロフィール

kiki

Author:kiki
kiki(キキ)です。
高校時代は能代工業、京北高校、
土浦日大、明大中野高校、等々
東日本の全国区のチームと対戦!
その経験から得たバスケットボール
の見解を紹介します。


ランキング

↓ここをクリック!ランキングアップ!
(にほんブログ村)
にほんブログ村 その他スポーツブログ バスケットボールへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
(人気ブログランキング)

FC2ブログランキング


アクセスカウンター


オンラインカウンター

現在の閲覧者数:


リンク

このブログをリンクに追加する


最新コメント


最新記事


最新トラックバック


検索フォーム


こころの言葉


Google AdSence


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:--|スポンサー広告
バスケットボールは一人ではできません。

そういう意味では、コミニュケーションが重要になる。

まずはその前に・・・


まずは自分が何ができるかということ知る必要がある。

決して他の人との比較ではなくて、

自分のもっている技術の把握である。

「自分はこれができる。これが得意だ。」

「自分はこれこれができない。これが苦手だ。」

その中で自分はチームにとって何を活かせるかを

考えると自分の役割が見えてくる。

それを自覚して、チャンスがきた時に

必ず実行するようにすることが重要である。

持っているものをそのチャンスに出せないことは

持っていないのと一緒である。

自分が足りないと思うもの、不得意なものを練習で

取り組んでいく必要があることは言うまでもない。


さて、チームの中でどう自分を活かすかであるが、

チームメイトを活かせない選手は基本的に

コミニュケーションをうまくとれないものである。

どんなにシュートがうまくても、ドリブルがうまくても

パスができないならば、ディフェンスにとっては

思うツボの選手になってしまう。

その選手がボールを持ったら囲んでしまえば

いいのである。こんなにたやすいディフェンスはない。


チームプレーとは、ディフェンスを翻弄することを目的とする。

全員が目的を持って動くこと、ボールを動かすこと。

それによって、よいシュートチャンスを作り出すこと。

そしてシュートを決めた時、単なる個人のシュートではなく

チームで決めたシュートという意識が

得点の喜びを全員で感じることができる。

この先にある勝利こそ、歓喜の大きいものに

なるのではないだろうか。


最後まで読んでくださってありがとうございます。

↓よろしければここをクリックして下さい!ポチっとお願いします。



にほんブログ村 その他スポーツブログ バスケットボールへ

banner_01.gif


2009/02/04 18:26|技術理論TB:0CM:4
この文書を我が子のチームの選手6人に読んでほしいものです。

おはよう^^

今週もあともう少し・・・・

今日も皆さんにとっていい日になりますように・・・・

今日も村ぽち
野球小僧 #-|2009/02/05(木) 08:57 [ 編集 ]
ブログ村 ランキング2位だね^^

1位とは10ポイント差!

ファイト!
野球小僧 #-|2009/02/05(木) 08:59 [ 編集 ]
おはよう^^

今日も1日いいことありますように・・・・

村ポチ
野球小僧 #-|2009/02/06(金) 08:42 [ 編集 ]
いつもありがとうございます。
kiki #-|2009/02/06(金) 18:01 [ 編集 ]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://kikibasket.blog59.fc2.com/tb.php/161-7a3a0449
東日本大震災のお見舞い

東日本大震災で被災された方々に 心よりお見舞い申し上げます。


ナイスシュート

image111.jpg


amazon


amazon DVD


amazon バスケグッズ


Copyright(C) 2008 All Rights Reserved. バスケットのちから~籠球論語~
Powered by FC2ブログ.  JavaScript by LostTechnology. template designed by 遥かなるわらしべ長者への軌跡.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。