バスケットのちから~籠球論語~

バスケットボールの理論・知識・哲学・技術を独自の見解で紹介します。

カテゴリ


プロフィール

kiki

Author:kiki
kiki(キキ)です。
高校時代は能代工業、京北高校、
土浦日大、明大中野高校、等々
東日本の全国区のチームと対戦!
その経験から得たバスケットボール
の見解を紹介します。


ランキング

↓ここをクリック!ランキングアップ!
(にほんブログ村)
にほんブログ村 その他スポーツブログ バスケットボールへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
(人気ブログランキング)

FC2ブログランキング


アクセスカウンター


オンラインカウンター

現在の閲覧者数:


リンク

このブログをリンクに追加する


最新コメント


最新記事


最新トラックバック


検索フォーム


こころの言葉


Google AdSence


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:--|スポンサー広告
チームメイトとのコミニュケーションは大切です。

それはチームメイトを活かすことであり、

強いては自分を活かすことになります。


それぞれ違う人間であるので、

ひとりひとり違うプレーをするはずです。

身長も違う、脚力を違う、そして能力も違う。

またバスケットに対する考え方も違うはずです。

「自分はこうしたい。こう思う。」

「私はこうだと思う。それぞれの主張があって当然でしょう。

まずは良く話し合うこと。

そして、お互いの長所と短所を理解すること。

それより前に自分の能力を知っていることも大切でしょう。

それぞれお互いが良く理解することで、

「自分はこれなら負けないからがんばろう。」

「あいつはそれが得意だから任せれば、なんとかしてくれる。」

これが信頼関係をつくることになるのではないでしょうか。


たとえひどい言葉をかけられても、

信頼関係がうまくいっていれば、怒ることもないでしょう。

信じられない相手ならば、口もききたくないはずです。

いいプレーに称賛の言葉をかければ、

さらに信頼は深まるでしょう。


1対1は基本ですが、限界があります。

ですからコミニュケーションがうまくして、

コンビプレーが上達させるのです。


それは、個人の技術の習得にも有効です。

チームワークが良くなるとプレーの質のレベルが

上がりやすくなるはずです。


そして本当のチームワークを知ることは

本当のバスケットボールの楽しさを

知ることになると思うのです。

バスケットボールはチームスポーツですから・・・。


最後まで読んでくださってありがとうございます。

↓よろしければここをクリックして下さい!ポチっとお願いします。



にほんブログ村 その他スポーツブログ バスケットボールへ

banner_01.gif


2009/02/06 18:39|技術理論TB:0CM:6
このコメントは管理人のみ閲覧できます
#|2009/02/06(金) 19:27 [ 編集 ]
おはよう^^

良い週末になりますように・・・・・

村ぽち
野球小僧 #-|2009/02/07(土) 08:36 [ 編集 ]
村ランキング1位おめでとう
野球小僧 #-|2009/02/07(土) 08:38 [ 編集 ]
野球小僧さん
いつもありがとうございます。

こころ温まるコメントの感謝!
kiki #-|2009/02/07(土) 20:38 [ 編集 ]
週に1度位のペースでこのブログを長女に読ませていましたが、
残念ながら昨夜は拒否。
だんだん難しい年頃になってきましたよ。

あはよう{

今日も1日よい休日を・・・・

真夜中の村ぽち
野球小僧 #-|2009/02/08(日) 04:10 [ 編集 ]
いつもありがとうございます。

娘さんに無理に読ませても・・・
私は野球小僧さんのお気持ちはうれしいです。

話は変わりますが、
「もうひとつのバスケットのちから」というブログも
開設しています。
そっちはぼやきに近い日記やメンタルな部分が
多いブログです。よろしければ・・・ご覧ください。
kiki #-|2009/02/08(日) 06:58 [ 編集 ]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://kikibasket.blog59.fc2.com/tb.php/162-f783214d
東日本大震災のお見舞い

東日本大震災で被災された方々に 心よりお見舞い申し上げます。


ナイスシュート

image111.jpg


amazon


amazon DVD


amazon バスケグッズ


Copyright(C) 2008 All Rights Reserved. バスケットのちから~籠球論語~
Powered by FC2ブログ.  JavaScript by LostTechnology. template designed by 遥かなるわらしべ長者への軌跡.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。