バスケットのちから~籠球論語~

バスケットボールの理論・知識・哲学・技術を独自の見解で紹介します。

カテゴリ


プロフィール

kiki

Author:kiki
kiki(キキ)です。
高校時代は能代工業、京北高校、
土浦日大、明大中野高校、等々
東日本の全国区のチームと対戦!
その経験から得たバスケットボール
の見解を紹介します。


ランキング

↓ここをクリック!ランキングアップ!
(にほんブログ村)
にほんブログ村 その他スポーツブログ バスケットボールへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
(人気ブログランキング)

FC2ブログランキング


アクセスカウンター


オンラインカウンター

現在の閲覧者数:


リンク

このブログをリンクに追加する


最新コメント


最新記事


最新トラックバック


検索フォーム


こころの言葉


Google AdSence


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:--|スポンサー広告

キャッチ

非常に大切であるにも関わらず

ともすれば軽視されがちなキャッチの技術。

ターンオーバーの多くはパスミスというよりも

キャッチミスで起こるということを意識していなければならない。


ボールをキャッチする時ほど

ボールに対する集中力が大切である。

ファーストブレイクで早い展開で慌ててしまって

うっかりボールから眼を離してしまうと

キャッチミスをしてしまい、逆に攻められて

得点を与えてしまうことがよくある。

練習においてパスの練習をする時は

むしろキャッチに集中するように声をかけることも

重要になると考えている。


それではキャッチのポイントは・・・・

●両手に収まるまでボールを良くみる。

●キャッチする指、手の感覚を覚える。


よくボールを上に放り投げて背中でキャッチするのは

キャッチする感覚を覚えるためである。

眼で見るのと同じように指でミル感覚が大切である。

この指の感覚こそ、ボールハンドリングの原点である。

この感覚はシュートのタッチにもつながると考えている。

指先の感覚が優れてくると、

キャッチだけでなくシュートの感覚も良くなり

シュートの成功率も上がってくるということである。

優れたボールハンドリングはすべての技術の

上達のポイントである。


最後まで読んでくださってありがとうございます。

↓よろしければここをクリックして下さい!ポチっとお願いします。



にほんブログ村 その他スポーツブログ バスケットボールへ

banner_01.gif


2009/02/18 18:38|技術理論TB:0CM:2
おはよう

今日の横浜は雨ですが気持ちは晴れ{{s74}}になります

ように・・・・


村⌒ヾ(^-'*)ポチ
野球小僧 #-|2009/02/20(金) 08:17 [ 編集 ]
いつもありがとうございます。

以前横浜に住んでいたことがあるんですよ。
川崎のすぐ近くなんですが。
ふと懐かしくなりました・・・。

kiki #-|2009/02/20(金) 17:56 [ 編集 ]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://kikibasket.blog59.fc2.com/tb.php/168-629d6441
東日本大震災のお見舞い

東日本大震災で被災された方々に 心よりお見舞い申し上げます。


ナイスシュート

image111.jpg


amazon


amazon DVD


amazon バスケグッズ


Copyright(C) 2008 All Rights Reserved. バスケットのちから~籠球論語~
Powered by FC2ブログ.  JavaScript by LostTechnology. template designed by 遥かなるわらしべ長者への軌跡.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。