バスケットのちから~籠球論語~

バスケットボールの理論・知識・哲学・技術を独自の見解で紹介します。

カテゴリ


プロフィール

kiki

Author:kiki
kiki(キキ)です。
高校時代は能代工業、京北高校、
土浦日大、明大中野高校、等々
東日本の全国区のチームと対戦!
その経験から得たバスケットボール
の見解を紹介します。


ランキング

↓ここをクリック!ランキングアップ!
(にほんブログ村)
にほんブログ村 その他スポーツブログ バスケットボールへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
(人気ブログランキング)

FC2ブログランキング


アクセスカウンター


オンラインカウンター

現在の閲覧者数:


リンク

このブログをリンクに追加する


最新コメント


最新記事


最新トラックバック


検索フォーム


こころの言葉


Google AdSence


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:--|スポンサー広告
バスケットにおいて身長の差は大きなハンデとなる。

一番の影響はリバウンドの獲得率だと考える。

後はゴール下のシュートの差になると思う。

ゴール下のシュートでは長身者を容易に防御できず、

逆に長身者のディフェンスからはシュートブロックされる。




身長差があった場合、シュートの打点の差によって

長身者が有利であることは間違いない。

それと同じで、リバウンドでも到達点が高いことによって

長身者が有利になる。

その他に、身体の幅、体重、リーチ、スタンスの幅等が

優れることになり、リバウンドの他にも

スクリーンプレーやディフェンスにおいて、体重は

ボールの競り合いや接触プレーにおいて有利にはたらく。

ディフェンスでもリーチやスタンスで有利な面が多くなる。

少し前の長身者のイメージは走れないという感じであった。

最近はスタミナ、スピードともに優れたプレーヤーが多い。

これでは、身長差がもろに有利、不利にはたらくことになる。


しかし、背の低いプレーヤーの有利な点もある。

以前も述べたように低いドリブルワークゆえに

ボールが離れている時間が短くコントロールしやすい事。

長身者の有利は身体面の逆に、リーチ、スタンスが短いということは

パーツが小さいことなので、小さな運動量で素早く動くことができる。

高さにスピードで対抗するしかないだろう。


チーム的には、不利になるリバウンド面では、

シュートになる前のミスを誘うべくプレスディフェンスの採用。

相手のオフェンスリバウンドを獲得した時に成功率の高い

速攻法を多くのバリエーションで持つことが必要である。

走って攻めることを忘れてはならない。

もっとも確率高いゴール下のシュートが防御されるようなら、

それに代わるべく、破ってからのシュートを発達させることを

考えられなくてはならないだろう。

確かに身長差は有利、不利の八ディキャップとなりうる。

しかし、この身長差をものともせずに

対抗できるチームになれたなら、

これほど楽しいバスケットはないだろう!

目指せ走るバスケット!!!



最後まで読んでくださってありがとうございます。

↓よろしければここをクリックして下さい!ポチっとお願いします。



にほんブログ村 その他スポーツブログ バスケットボールへ

banner_01.gif


2009/03/06 21:57|技術理論TB:0CM:4
明日ミニバス決勝戦です。
Aチームは5年生で167センチと164センチと大きい選手が
居るのですがリバウンド弱いんですよ。
ちゃんとアウトすればいいのですが弱いんですよ~~~

村ぽち

1位とは40ポイント差でしたよ^^
野球小僧 #-|2009/03/07(土) 07:10 [ 編集 ]
>
> 明日がんばって下さいね。
> バスケを楽しむように・・・。
> やっぱ楽しまなきゃ!
kiki #-|2009/03/07(土) 21:02 [ 編集 ]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
#|2009/03/08(日) 05:07 [ 編集 ]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
#|2009/03/09(月) 08:30 [ 編集 ]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://kikibasket.blog59.fc2.com/tb.php/175-0b459026
東日本大震災のお見舞い

東日本大震災で被災された方々に 心よりお見舞い申し上げます。


ナイスシュート

image111.jpg


amazon


amazon DVD


amazon バスケグッズ


Copyright(C) 2008 All Rights Reserved. バスケットのちから~籠球論語~
Powered by FC2ブログ.  JavaScript by LostTechnology. template designed by 遥かなるわらしべ長者への軌跡.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。