バスケットのちから~籠球論語~

バスケットボールの理論・知識・哲学・技術を独自の見解で紹介します。

カテゴリ


プロフィール

kiki

Author:kiki
kiki(キキ)です。
高校時代は能代工業、京北高校、
土浦日大、明大中野高校、等々
東日本の全国区のチームと対戦!
その経験から得たバスケットボール
の見解を紹介します。


ランキング

↓ここをクリック!ランキングアップ!
(にほんブログ村)
にほんブログ村 その他スポーツブログ バスケットボールへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
(人気ブログランキング)

FC2ブログランキング


アクセスカウンター


オンラインカウンター

現在の閲覧者数:


リンク

このブログをリンクに追加する


最新コメント


最新記事


最新トラックバック


検索フォーム


こころの言葉


Google AdSence


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:--|スポンサー広告
シュートフォームは指導者が個別に細かくチェックする

必要があると思われます。特に低年齢になればなるほど

シュートフォームが固まっていませんし、

悪い癖がつくと直すのに多くの時間がかかるからです。




まず、シュートフォームをチエックするなら、フリースローがいいでしょう。

フリースローが入らない選手はフォームのどこかに

問題があると思っていいと思います。

手首、ヒジ、肩のラインを崩さずに自然なスナップで

シュートを打ってまっすぐとんでいるかどうかです。

「フォームがきれいだな。」と感じれば安定したフォームと

言えるでしょう。

走った練習の後などの合間にフリースローを入れるのは、

より実戦に近い状況をつくる、すなわち動から静のプレーが

試合の状況に近いからと言えます。

しかし、試合に近い状況の中でどのようなフォームで

選手たちがシュートしているのかをチェックし、

指導することが重要なのです。

ミニから中学に移った時に多く見られるのが、

膝の使い方の悪さです。

ミニはご存じのとおり、リングが低いので、

ジャンプしなくてもシュートは届きます。

身長があればゴール下などはほとんど飛ばないで

シュートしているような選手が多いと感じます。

特に女子の場合は強く感じます。

シュートは「ヒザで打て」というアドバイスが必要となってきます。

ミニや中学では、ウエイトトレーニングをすることは難しい

感じています。

成長しきっていない筋肉や骨に負担をかけることは

故障につながりかねません。

それと同じように、早い段階から膝を酷使するような

ドリルを採用しにくいものです。

しかし、シュートの距離は膝でつくるのが基本です。

膝を酷使するのではなく、やわらかく使うことを

アドバイスしています。

全体のバランスの良いフォームからくりだされるシュート

ボールが軽く見えます。

そして、ボールの軌道よ回転も美しいものです。

練習では、常に、ノータッチシュートを目指しましょう。

リングのどこにもぶつからずに入る綺麗なシュートです。

ボードを使ったシュートでも同じように、ボードに当たった後は

リングにぶつからずに入るシュートを目指ししょう。

それがより正確なシュートの感覚を手に入れための

ポイントだと考えています。


最後まで読んでくださってありがとうございます。

↓よろしければここをクリックして下さい!ポチっとお願いします。



にほんブログ村 その他スポーツブログ バスケットボールへ

banner_01.gif


2009/03/11 17:24|シュート・スキルTB:0CM:3
なるほど~~~~
勉強になりますよ!!

20日には6年生のお別れ会を兼ねて親子バスケです。
自分自身も練習しなくては・・・・

村ぽち
野球小僧 #-|2009/03/12(木) 09:53 [ 編集 ]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
#|2009/03/13(金) 09:53 [ 編集 ]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
#|2009/03/14(土) 06:15 [ 編集 ]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://kikibasket.blog59.fc2.com/tb.php/177-11ab458e
東日本大震災のお見舞い

東日本大震災で被災された方々に 心よりお見舞い申し上げます。


ナイスシュート

image111.jpg


amazon


amazon DVD


amazon バスケグッズ


Copyright(C) 2008 All Rights Reserved. バスケットのちから~籠球論語~
Powered by FC2ブログ.  JavaScript by LostTechnology. template designed by 遥かなるわらしべ長者への軌跡.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。