バスケットのちから~籠球論語~

バスケットボールの理論・知識・哲学・技術を独自の見解で紹介します。

カテゴリ


プロフィール

kiki

Author:kiki
kiki(キキ)です。
高校時代は能代工業、京北高校、
土浦日大、明大中野高校、等々
東日本の全国区のチームと対戦!
その経験から得たバスケットボール
の見解を紹介します。


ランキング

↓ここをクリック!ランキングアップ!
(にほんブログ村)
にほんブログ村 その他スポーツブログ バスケットボールへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
(人気ブログランキング)

FC2ブログランキング


アクセスカウンター


オンラインカウンター

現在の閲覧者数:


リンク

このブログをリンクに追加する


最新コメント


最新記事


最新トラックバック


検索フォーム


こころの言葉


Google AdSence


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:--|スポンサー広告
重点的に取り組むべき技術の内容について

考えていきたい。

まず、今回はボールのキープ力について考えていきたい。

バスケットボールをプレーするにあたっては

いかにボールを保持しシュートするかであると思う。

ゆえにボールキープ力がポイントとなる。


●「パス」「シュート」「ドリブル」と「フットワーク」

 バスケットボールは上記の技術さえあれば、

 プレーすることができる。

 これらの技術の良し悪しは別として、技術の基礎能力は

 バスケットの練習をしていなくてもできると考える。

 ボールを投げる。ボールをつく。ダッシュしたり止まったりは

 誰にでもできることである。

 しかし、バスケット的であるかどうかというとそうではないだろう。

 ここが、技術のポイントとなるのである。

 選手が習得しなければならないのは、

 バスケット的な、ボールの投げ方、ボールのつき方、

 ダッシュのしかた、止まり方なのである。

 指導のポイントもこれと同じである。

 正しいやり方を習得するための指導は、

 バスケット的な正しいやり方を知らないために

 できないのであるから、それを教えればできるようにはなる。

 しかし、それを熟練した技術とするならば、

 多くの時間が必要となるだろう。

 
●ピボットとボールキープ

 バスケットボールの特徴の一つにピボットがあるだろう。

 トラべリングのルールによって、習得しなければならい技術である。

 さて、ディフェンスがいなければ、ピボットもボールキープも

 大きな意味をもたない。

 つまり、ディフェンスがいなければ、パス、シュート、ドリブルが

 できるのに、ディフェンスがつくとすぐに抑えられてしまう。

 最初の段階で、ディフェンスにつかれると両足がはなせなくなる。

 つまり、ピボットができないのである。

 そして、ボールを取られまいとしてボールだけを動かす。

 これが初心者のプレーではないだろうか。

 ここでは、ディフェンスに対する対人技術を習得する必要を感じる。

 指導においては、まず体験させること。逃げたピボット、

 抜いたピボット、膝の曲げ方、ボールのセットする位置などなど・・・

 ボールを動かして構える、膝を曲げて突きだす。

 そんな体験をさせながら、要領を指導していけば

 最初は早くできなくても初歩的なボールキープは

 できるようになるだろう。

 これらの技術の発達こそが、上達するために重要だと考える。

最後まで読んでくださってありがとうございます。

↓よろしければここをクリックして下さい!ポチっとお願いします。



にほんブログ村 その他スポーツブログ バスケットボールへ

banner_01.gif



2009/03/18 18:42|指導論TB:0CM:2
いつも素晴らしい記事ありがとう^^


今日も村ぽち
野球小僧 #-|2009/03/19(木) 06:19 [ 編集 ]
体験させることが一番ですね。
今度練習でしてみます。
人生とは #mQop/nM.|2009/03/20(金) 01:59 [ 編集 ]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://kikibasket.blog59.fc2.com/tb.php/180-a032d61e
東日本大震災のお見舞い

東日本大震災で被災された方々に 心よりお見舞い申し上げます。


ナイスシュート

image111.jpg


amazon


amazon DVD


amazon バスケグッズ


Copyright(C) 2008 All Rights Reserved. バスケットのちから~籠球論語~
Powered by FC2ブログ.  JavaScript by LostTechnology. template designed by 遥かなるわらしべ長者への軌跡.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。