バスケットのちから~籠球論語~

バスケットボールの理論・知識・哲学・技術を独自の見解で紹介します。

カテゴリ


プロフィール

kiki

Author:kiki
kiki(キキ)です。
高校時代は能代工業、京北高校、
土浦日大、明大中野高校、等々
東日本の全国区のチームと対戦!
その経験から得たバスケットボール
の見解を紹介します。


ランキング

↓ここをクリック!ランキングアップ!
(にほんブログ村)
にほんブログ村 その他スポーツブログ バスケットボールへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
(人気ブログランキング)

FC2ブログランキング


アクセスカウンター


オンラインカウンター

現在の閲覧者数:


リンク

このブログをリンクに追加する


最新コメント


最新記事


最新トラックバック


検索フォーム


こころの言葉


Google AdSence


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:--|スポンサー広告
プレスディフェンスを破るべく素晴らしいオフェンスパターンを考案しても
練習計画に反映されなければ意味はなくなります。
自分たちがやろうとすることえお練習に組み入れ充分に練習することが
望まれます。


しかしながら、一番大切なのは動きや約束事にこだわりすぎないこと。
状況が変われば判断も変わりプレーも変化する。

プレスを破りシュートを決めるという目的を果たすべくプレーするならば
柔軟な対応力をもったオフェンスが望まれる。

すなわち、最低限の約束事を守りながら、のびのびと果敢にプレーする
事が大切であると言える。

最初の段階では、動きや約束事は忠実に行わなければならない。
これは、チームとしてやるべき事を周知徹底するためである。

いろいろな攻め方を繰り返し練習することは大切ではあるが、
オフェンスのかたちや、動きのパターンが自分たちの考え方を
本当に生かされているかを常に考えていなければならない。

オフェンスではファンダメンタルに忠実にプレーすることポイントである。
特にプレスディフェンスには、エンドラインからのスローインは
バックドア・プレーが有効であると考える。

エンドラインからスローインする時は慌ててゴール下にボール持って
出てはいけない。まずは相手の状況と味方の状況を見る必要がある。
じっくり見るというのではなく、確認してからスローインに向かうべきである。

そして、ゴールの真下にはでない。確認した状況を判断して、
右か左を選択する。迷うことはなく、直感で選んでよい。

パスの質は、ロブパスのように味方がそこに動くだろうという
高く大きなパスは良くない。パスは目標に向って出すこと。

また、ボールに対して大きく動かないようにして、軽くパスすると
インターセプトされる。また、プレーヤーが動かないのも同じ結果になる。

パスの質を高め、スピードや強さ、タイミング高さや方向を適切に
行うことが重要であり、これを繰り返し練習で習得することが重要になる。

ともあれ、ボールしっかりキャッチする。このささいなプレーこそが
非常の大切だということを忘れてはいけない。

最後まで読んでくださってありがとうございます。

↓よろしければここをクリックして下さい!ポチっとお願いします。



にほんブログ村 その他スポーツブログ バスケットボールへ

banner_01.gif



2009/04/10 20:56|プレスの攻め方TB:0CM:1
いつも勉強になります。
ありがとう^^
ランキングも3位に返咲き・・・・

村ぽち
野球小僧 #-|2009/04/11(土) 12:15 [ 編集 ]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://kikibasket.blog59.fc2.com/tb.php/193-6c3a67df
東日本大震災のお見舞い

東日本大震災で被災された方々に 心よりお見舞い申し上げます。


ナイスシュート

image111.jpg


amazon


amazon DVD


amazon バスケグッズ


Copyright(C) 2008 All Rights Reserved. バスケットのちから~籠球論語~
Powered by FC2ブログ.  JavaScript by LostTechnology. template designed by 遥かなるわらしべ長者への軌跡.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。