バスケットのちから~籠球論語~

バスケットボールの理論・知識・哲学・技術を独自の見解で紹介します。

カテゴリ


プロフィール

kiki

Author:kiki
kiki(キキ)です。
高校時代は能代工業、京北高校、
土浦日大、明大中野高校、等々
東日本の全国区のチームと対戦!
その経験から得たバスケットボール
の見解を紹介します。


ランキング

↓ここをクリック!ランキングアップ!
(にほんブログ村)
にほんブログ村 その他スポーツブログ バスケットボールへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
(人気ブログランキング)

FC2ブログランキング


アクセスカウンター


オンラインカウンター

現在の閲覧者数:


リンク

このブログをリンクに追加する


最新コメント


最新記事


最新トラックバック


検索フォーム


こころの言葉


Google AdSence


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:--|スポンサー広告
バスケットボールのリング付近の台形を

ペイントエリアと言います。

このペイントエリアに3秒以上留まると

3秒オーバータイムのファールとなります。

ビックマンはそのエリア内、またはそのすぐ外で

ボールもらい、自分がシュートを狙う、味方にパスをする。

味方のシュートのリバウンドを取るべくプレーしなければなりません。


●まずは、自分の相手をシールすることからはじめる。

 ★シールとは・・・

  オフェンスプレーヤーがディフェンダーに背中をピッタリと

  くっつけてディフェンダーが前に出てくる動きを封じてパスを

  受ける動きのこと。ポストアップしてボールを受ける時に

  使われる技術・・・。

 ★シールのポイントは・・・

  ○背中でディフェンダーをとらえる。

  ○自分のプレーのスペースを考えて有効な幅をとる。

   それは両手をひろげ、腰を落とした姿勢で行われる。

  ○大切なのはディフェンスを押すことなく、押されることなく

   しっかりとスペースを確保すること。

  ○パスレーンを空ける。パスレーン・・・パスコースともいう。

   パスレーンにディフェンダーが入って来れないように

   両腕を上下にして脚を固定する。

   原則は上手、上脚、ディフェンダーの腕と足を前に

   出されないようすること。

  ○両肩は柔軟にして、自由に動けるようにする。これは、

   ボールをうまくキャッチできるようにするためである。

   またディフェンダーとは背中と尻で接触する。

   眼で見れない分は背中の接触で相手の動きを知る。



次回に続く・・・
   

最後まで読んでくださってありがとうございます。

↓よろしければここをクリックして下さい!ポチっとお願いします。



にほんブログ村 その他スポーツブログ バスケットボールへ

banner_01.gif



2009/04/17 00:14|ビックマンスキルTB:0CM:3
このコメントは管理人のみ閲覧できます
#|2009/04/17(金) 12:39 [ 編集 ]
ランキング1位ですね^^

おめでとう!!

村ぽち
野球小僧 #-|2009/04/19(日) 13:56 [ 編集 ]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
#|2009/04/20(月) 16:39 [ 編集 ]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://kikibasket.blog59.fc2.com/tb.php/197-6d747708
東日本大震災のお見舞い

東日本大震災で被災された方々に 心よりお見舞い申し上げます。


ナイスシュート

image111.jpg


amazon


amazon DVD


amazon バスケグッズ


Copyright(C) 2008 All Rights Reserved. バスケットのちから~籠球論語~
Powered by FC2ブログ.  JavaScript by LostTechnology. template designed by 遥かなるわらしべ長者への軌跡.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。