バスケットのちから~籠球論語~

バスケットボールの理論・知識・哲学・技術を独自の見解で紹介します。

カテゴリ


プロフィール

kiki

Author:kiki
kiki(キキ)です。
高校時代は能代工業、京北高校、
土浦日大、明大中野高校、等々
東日本の全国区のチームと対戦!
その経験から得たバスケットボール
の見解を紹介します。


ランキング

↓ここをクリック!ランキングアップ!
(にほんブログ村)
にほんブログ村 その他スポーツブログ バスケットボールへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
(人気ブログランキング)

FC2ブログランキング


アクセスカウンター


オンラインカウンター

現在の閲覧者数:


リンク

このブログをリンクに追加する


最新コメント


最新記事


最新トラックバック


検索フォーム


こころの言葉


Google AdSence


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:--|スポンサー広告
ビックマンに強く要求され、期待されるのがリバウンドである。

バスケットボールの性格上、高さはひとつの武器になる。

それを求められるのがビックマンであり、試合の勝敗に

大きく影響するリバウンドの獲得こそビックマンの役割である。

さて、リバウンドに関して、ただボールをとるだけと思って

いないだろうか?

リバウンドは、頭、脚、腕、手の使い方が重要になる。

そういう意味では、奥の深いプレーである。


●頭・・・(考えてプレーすること)

 ・どこからシュートされるのかを見極める。

 ・誰がシュートするのか見極める。

 ・シュートを予測して、ポジションをとる。シュートされてから
  では遅いのである。

 ・体育館の施設のくせを読む。ボードの材質(木、アクリル)による
  ボールの弾み方、リングのボールの弾み方を読む。

 ・シュートのボールの質(回転、ループ、方向)によって落ちる場所を
  読む。

 ※予測は必要である。予測のズレは、両手の開いた幅で修正する。
   頭の上だけでリバウンドの獲得率は上がらない。

●脚

 ・ジャンプするより、ポジションをとる。

 ・高さより、素早いジャンプをこころがける。

 ・高さより、横幅のあるジャンプが必要である。

 ・タイミングが大事である。これは練習しかない。

●腕

 ・腕を高く上げたままリバウンドポジションをとる。
  
●手

 ・バスケットボールを使ってボールハンドリングの強化が
  必要である。

 ・ワンハンドリバウンドはオフェンスリバウンドの時に
  有効である。ディフェンスリバウンドは両手で行う。

 ・ボールをとったら、しっかりキープしてピボットする。

●ボックスアウト

 ・相手が飛び込んでくるコースターンする。(フロントターン)
  
 ・相手に触れてからターンする。

 ・フリースローの時は特にボックスアウトが大切である。


リバウンドを積極的に取りにいくには「勇気」が必要である。

ビックマンは特に、自分が取られければという使命感をもって

リバウンドに向かうべきである。


最後まで読んでくださってありがとうございます。

↓よろしければここをクリックして下さい!ポチっとお願いします。



にほんブログ村 その他スポーツブログ バスケットボールへ

banner_01.gif





 

2009/04/22 19:10|ビックマンスキルTB:0CM:3
勉強になりますね~~~~


村ぽち
野球小僧 #-|2009/04/23(木) 09:34 [ 編集 ]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
#|2009/04/24(金) 08:57 [ 編集 ]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
#|2009/04/25(土) 07:44 [ 編集 ]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://kikibasket.blog59.fc2.com/tb.php/199-672ca55e
東日本大震災のお見舞い

東日本大震災で被災された方々に 心よりお見舞い申し上げます。


ナイスシュート

image111.jpg


amazon


amazon DVD


amazon バスケグッズ


Copyright(C) 2008 All Rights Reserved. バスケットのちから~籠球論語~
Powered by FC2ブログ.  JavaScript by LostTechnology. template designed by 遥かなるわらしべ長者への軌跡.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。