バスケットのちから~籠球論語~

バスケットボールの理論・知識・哲学・技術を独自の見解で紹介します。

カテゴリ


プロフィール

kiki

Author:kiki
kiki(キキ)です。
高校時代は能代工業、京北高校、
土浦日大、明大中野高校、等々
東日本の全国区のチームと対戦!
その経験から得たバスケットボール
の見解を紹介します。


ランキング

↓ここをクリック!ランキングアップ!
(にほんブログ村)
にほんブログ村 その他スポーツブログ バスケットボールへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
(人気ブログランキング)

FC2ブログランキング


アクセスカウンター


オンラインカウンター

現在の閲覧者数:


リンク

このブログをリンクに追加する


最新コメント


最新記事


最新トラックバック


検索フォーム


こころの言葉


Google AdSence


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:--|スポンサー広告
バスケットボールの攻防では、
「ボールダウンにはじまり、ボールダウンに終わる。」
(ボールダウン=ボール運び)
チームディフェンスの最終型はプレスディフェンスを持つこと。
マンツーマンで個人ディフェンス力を高めながら、
チームで組織的オールコートでプレスを持つことで、
勝利を手に入れようという戦略は定番である。

そして、プレスディフェンスに対するオフェンスを準備しておく
必要があることは最も考えなければならないことである。


プレスを破るための原則について・・・

●「よく見ること」 これが最も重要である。オフェンスでは、
 ボールに背を向けてはいけないし、ボールの移動に伴って
 最良のポジションをとる必要がある。

●「得点すること」 プレスによって、はじめはボールを失うことも
 あることは想定していなければならない。ボールを運ぶという
 意識にとらわれて、得点するということに集中しなければならない
 ということを忘れてはならない。得点することが、相手の
 プレスディフェンスのモチベーションを下げることにつながる。

●「冷静さ」 この冷静さを生みだすためには、「自信」が必要である。
 この自信を手に入れるためには、準備、すなわち練習が大切になる。
 練習では個々のやるべきこと。チームの約束事を徹底して行うことである。
 
 たとえば、練習において、相手のディフェンスを1人増やして不利な状況を
 つくり破る練習をするとか、先輩などをよんでレベルの高い選手を破る
 練習をして「自信」つながるようにしたい。事がうまくいかないと「不信」に
 つながるので、周到な準備(練習)が必要である。

 つづく・・・

最後まで読んでくださってありがとうございます。

にほんブログ村 その他スポーツブログ バスケットボールへ ← よろしければここをクリックして下さい!


banner_01.gif←ポチっとお願いします。


 
 
2009/06/07 17:21|プレスの攻め方TB:0CM:0
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://kikibasket.blog59.fc2.com/tb.php/209-d6a25ea9
東日本大震災のお見舞い

東日本大震災で被災された方々に 心よりお見舞い申し上げます。


ナイスシュート

image111.jpg


amazon


amazon DVD


amazon バスケグッズ


Copyright(C) 2008 All Rights Reserved. バスケットのちから~籠球論語~
Powered by FC2ブログ.  JavaScript by LostTechnology. template designed by 遥かなるわらしべ長者への軌跡.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。