バスケットのちから~籠球論語~

バスケットボールの理論・知識・哲学・技術を独自の見解で紹介します。

カテゴリ


プロフィール

kiki

Author:kiki
kiki(キキ)です。
高校時代は能代工業、京北高校、
土浦日大、明大中野高校、等々
東日本の全国区のチームと対戦!
その経験から得たバスケットボール
の見解を紹介します。


ランキング

↓ここをクリック!ランキングアップ!
(にほんブログ村)
にほんブログ村 その他スポーツブログ バスケットボールへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
(人気ブログランキング)

FC2ブログランキング


アクセスカウンター


オンラインカウンター

現在の閲覧者数:


リンク

このブログをリンクに追加する


最新コメント


最新記事


最新トラックバック


検索フォーム


こころの言葉


Google AdSence


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:--|スポンサー広告
フリースローを決めるためには、当然正しいフォームで

打つことが求められる。

そしてシュートを打つまでの決まった動き(ルーティン)を

行ってリラックスすること。リズム、集中力、自信が必要になる。




フリースローを決めるために大切なことは、「自信」で

あると考えます。

これには、ルーティンが重要な意味を持ちます。

いつも同じ距離、同じ場所、誰のにも邪魔せれない

フルースロー。リングはボールの3.5個分の大きさ。

シュートは外れるわけがありません。

そう思うことが大切です。この自信とリラックスとリズムを

生みだすのが「ルーティン」という予備動作です。

ドリブルを3回突く。肩を動かしながらボールを構える。

ゆっくりと呼吸をしてシュートを打つ。

その間に、自分なりのチェックが行われるでしょう。

脇が閉まっているか、指がちゃんと開いているか、

ボール持った感触はいいか。肩の力は抜けているか。

などなど・・・チェック項目は人それぞれでしょう。

シュートの成功率を確認しながら、「ルーティン」の

パターを決めていきましょう。



●フリースローの練習方法(目を閉じてシュートする)●

 練習の工夫として、目を閉じてフリースローの練習をお勧めします。

 これは、シュートの向上が期待されます。

 筋肉の感覚や指先の感覚が高まると思われます。

 目を閉じる前に、「ルーティン」を行い、集中してから打つと

 良いでしょう。試してみてください。


最後まで読んでくださってありがとうございます。

にほんブログ村 その他スポーツブログ バスケットボールへ ← よろしければここをクリックして下さい!


banner_01.gif←ポチっとお願いします。


2009/06/16 17:57|シュート・スキルTB:0CM:0
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://kikibasket.blog59.fc2.com/tb.php/212-0af595aa
東日本大震災のお見舞い

東日本大震災で被災された方々に 心よりお見舞い申し上げます。


ナイスシュート

image111.jpg


amazon


amazon DVD


amazon バスケグッズ


Copyright(C) 2008 All Rights Reserved. バスケットのちから~籠球論語~
Powered by FC2ブログ.  JavaScript by LostTechnology. template designed by 遥かなるわらしべ長者への軌跡.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。