バスケットのちから~籠球論語~

バスケットボールの理論・知識・哲学・技術を独自の見解で紹介します。

カテゴリ


プロフィール

kiki

Author:kiki
kiki(キキ)です。
高校時代は能代工業、京北高校、
土浦日大、明大中野高校、等々
東日本の全国区のチームと対戦!
その経験から得たバスケットボール
の見解を紹介します。


ランキング

↓ここをクリック!ランキングアップ!
(にほんブログ村)
にほんブログ村 その他スポーツブログ バスケットボールへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
(人気ブログランキング)

FC2ブログランキング


アクセスカウンター


オンラインカウンター

現在の閲覧者数:


リンク

このブログをリンクに追加する


最新コメント


最新記事


最新トラックバック


検索フォーム


こころの言葉


Google AdSence


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:--|スポンサー広告
攻撃と防御の目的はバスケットボールの競技の定義に

そって考えると、「ボールの所有」と「得点」の争いである。

利害が相対し、対立関係の2つのチームが同一コートに

同時に存在するのがバスケットボールという競技になる。


ひとつのコート上に、同時に存在する2つのチームの争点は

「ボールの所有」ということになる。

そして、たった一つのボールを所有しているチームに攻撃する

権利があるチームであり、相手は防御のチームとなる。

この攻撃と防御に分かれたチームの争点は、「得点」という

ことになる。

攻撃チームの「得点」方法がシュートを成功させることなる。

攻撃チームの最大の目的は「シュートすること」。

それが第一の原則的プレーと定義づけられる。

それに対して、防御チームの第一の原則的プレーは

「シュートを防ぐ」ということにならなければならない。

この原則を技術的に定義づければ、「スタンスの原則」と

「ポジションの原則」ということである。

防御チームは、常にボールとリングの間にポジショリングし、

破られないようにしなければならない。

逆に、攻撃チームは、防御チームを打ち破って、シュートを

狙っていかなければならないのである。

攻撃プレーの本来のかたちは、破って→ついて→シュートする

というプレーになると考える。

これに対して防御の原則は「間合いの原則」を考えなければならない。

それは防御を打ち破ろうと攻撃の動きに対応するためである。

防御から攻撃に変わる時、二つのチームには最初の原則である

「ボールの所有」の争いが生まれる。ボールの中継を連続して

成功させてボールを失わず、破って→ついて→シュートしなければ

ならないのである。

バスケットボールで勝つためには、「ボールをキープする」

このことが最良の方法ということになる。

最後まで読んでくださってありがとうございます。

にほんブログ村 その他スポーツブログ バスケットボールへ ← よろしければここをクリックして下さい!


banner_01.gif←ポチっとお願いします。
2009/06/19 19:56|勝利哲学論TB:0CM:0
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://kikibasket.blog59.fc2.com/tb.php/213-35e62183
東日本大震災のお見舞い

東日本大震災で被災された方々に 心よりお見舞い申し上げます。


ナイスシュート

image111.jpg


amazon


amazon DVD


amazon バスケグッズ


Copyright(C) 2008 All Rights Reserved. バスケットのちから~籠球論語~
Powered by FC2ブログ.  JavaScript by LostTechnology. template designed by 遥かなるわらしべ長者への軌跡.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。