バスケットのちから~籠球論語~

バスケットボールの理論・知識・哲学・技術を独自の見解で紹介します。

カテゴリ


プロフィール

kiki

Author:kiki
kiki(キキ)です。
高校時代は能代工業、京北高校、
土浦日大、明大中野高校、等々
東日本の全国区のチームと対戦!
その経験から得たバスケットボール
の見解を紹介します。


ランキング

↓ここをクリック!ランキングアップ!
(にほんブログ村)
にほんブログ村 その他スポーツブログ バスケットボールへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
(人気ブログランキング)

FC2ブログランキング


アクセスカウンター


オンラインカウンター

現在の閲覧者数:


リンク

このブログをリンクに追加する


最新コメント


最新記事


最新トラックバック


検索フォーム


こころの言葉


Google AdSence


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:--|スポンサー広告
バスケットボールのチームオフェンスにおいて

最も多く用いられるのがパッシングゲームである。

これは、モーションオフェンスとも言われる。

実はバスケットボールの発祥とともにこのオフェンスは

生まれている。

多くの人が誤解していると思われるのは、

それぞれのプレーヤーが決まった動きをするセットオフェンスを

パッシングゲームと考えてしまっていることである・・・・。


フォーメーションプレーをパッシングゲームとは言わない。

いくつかのプレーの基本原則(約束事)をつくって、

それにそってプレーしていくこと。5人のプレーヤーが

ボールを回し、ボールのないところで動き、素早く正確な

判断のもとにシュートセレクション(シュートすべきか?

すべきでないか?を決定すること)を行うのである。

これがパッシングゲームの目的なのである。


パッシングゲームはチームプレーの基本である。

であるから、選手にチームプレーとは何かを教えるためにも

学ばなければならないチームプレーである。

ボールの回し方、ボールのないところの動き方といった基本技能と

正確な判断力(これが最も重要)、そしてチームプレーの精神が

必要になる。


●パッシングゲームの基本●

 ▲コミニュケーション
  
  チームオフェンスは、コミニュケーションがカギとなることは

  いうまでもない。パッシングゲームはセットプレーとはちがうので

  それぞれの選手に決まった動きはない。

  だからこそ、瞬時に共通意識をもちプレーするために

  選手同士の絶え間ないコミニュケーションが重要になる。

  これこそが、ディフェンスを翻弄するチームオフェンスの

  かたちである。

 ▲リングをみる

  まず、リングを見ることで、コートの全体を見渡せる。

  常にリングを見ることで、リングに向かうことを目的であることを

  意識するようにする。回すだけのパスではディフェンスを

  破ることはできない。カッティングしたり、ポストアップしたり、

  スクリーンを抜けてくる味方にパスを狙う。

 ▲コートバランスとスペーシング

  チームオフェンスをはじめる時には、5人それぞれが

  バランスのとれたポジションにつかなければならない。

  そして、味方同士のスペーシング(お互いの間隔)を

  とってプレーしなければならない。間隔が狭いと

  自分以外のディフェンスに干渉されてしまったり、

  味方が邪魔になったりするからである。

 ▲オーバーディフェンスにはバックドアカット

  オーバーディフェンスされた場合でパスがもらえなかったら

  リングに向かってバックドアカットをする。バックドアカットを

  頻繁に使うパッシングゲームはプレッシャーディフェンスに

  対して非常に有効な攻撃となるだろう。

 ▲パスにオーバーディフェンスしてきたら・・・

  ディフェンスがパスをもらおうとしている味方にオーバー

  ディフェンスしてきたら、迷わずリングに向かって走るべきである。

  しかし、それ以上に有効なのは、パサーとオーバーディフェンス

  されているレシーバーにもっともに近いプレーヤーが、

  パサーとレシーバーの間にフラッシュすることである。

  その後に、オーバーディフェンスされていたレシーバーが

  バックドアカットした方がパスが通りやすい。

▲ミドルラインを空けておく

  リングに向かってカットしたプレーヤーがパスをもらえなかったら

  味方の少ないサイドにそのまま抜け出る。ポストアップしても

  一呼吸以上留まらずに、ミドルポジション空けてコートバランスを

  保つようにする。

▲味方が動いて空いたポジションを埋める

 カットしたプレーヤーに一番近い選手は、カットして空いたポジションに

 素早く動く。トップの選手がカットした時は最もこの動きが重要になる。

 トップのポジションに動く場合には、少し高い位置まで上がる。

 これによって、ウイングからのボールを受けやすくし、逆サイドへの

 パスを振りやすくなる。何より、ディフェンスの動く距離が長くなる

 とともに使えるエリアを広くすることができる。


書ききれないので・・・つづく・・・

最後まで読んでくださってありがとうございます。

にほんブログ村 その他スポーツブログ バスケットボールへ
にほんブログ村←クリックお願いします!
人気ブログランキングへ←ランキングアップします!
←応援ありがとうございます!



  
2009/07/01 21:21|オフェンススキルTB:0CM:0
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://kikibasket.blog59.fc2.com/tb.php/216-6508119e
東日本大震災のお見舞い

東日本大震災で被災された方々に 心よりお見舞い申し上げます。


ナイスシュート

image111.jpg


amazon


amazon DVD


amazon バスケグッズ


Copyright(C) 2008 All Rights Reserved. バスケットのちから~籠球論語~
Powered by FC2ブログ.  JavaScript by LostTechnology. template designed by 遥かなるわらしべ長者への軌跡.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。