バスケットのちから~籠球論語~

バスケットボールの理論・知識・哲学・技術を独自の見解で紹介します。

カテゴリ


プロフィール

kiki

Author:kiki
kiki(キキ)です。
高校時代は能代工業、京北高校、
土浦日大、明大中野高校、等々
東日本の全国区のチームと対戦!
その経験から得たバスケットボール
の見解を紹介します。


ランキング

↓ここをクリック!ランキングアップ!
(にほんブログ村)
にほんブログ村 その他スポーツブログ バスケットボールへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
(人気ブログランキング)

FC2ブログランキング


アクセスカウンター


オンラインカウンター

現在の閲覧者数:


リンク

このブログをリンクに追加する


最新コメント


最新記事


最新トラックバック


検索フォーム


こころの言葉


Google AdSence


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:--|スポンサー広告
初心者や未熟なプレーヤーは、いつもうつむきがちに

プレーしている。それによって、周りが見えない。

周りが見えないということは、味方の居場所だけでなく

敵の居場所もわからないということになる。

それでは、良いプレーはできない。

バスケットの上達のポイントはここにもありそうである。



周りが見えないと良いプレーできないとはどういうことか?

味方がいいポジションにいても、パスするチャンスの逃したり

ディフェンスが近づいてきているのに、気づかずにドリブルして

ボール奪われたりすることである。

シュート、パス、ドリブルのチャンスはいつも一瞬である。

そのチャンスを逃さないためには、常に周りを見ていることが

重要である。

上体を傾けず、前傾姿勢にならずに視線は常にコートと

平行でなければならないと考えます。

ビジョンをいい状態で保つためには、実は姿勢が大切です。

トリプルスレット、パワーポジションといった正しい構え方を

身につけるように心がけましょう。

ドリブルでも、ボールを見ずに正しいフォームを習慣づけます。

正しいフォームは、ビジョンを手に入れるだけでなく、

次のプレーに移る場合に、スムーズに反応できるということです。

正しいフォールのドリブルからは、チャンスの時に

スムーズにシュートや、パスというプレーができるでしょう。

そして、その確率や正確さも増すはずです。

ビジョンはプレーの対応力、タイミングの良さを生みます。

そのビジョンは正しいフォームで顔を上げることで手に入れます。

正しいフォームは、より正確なプレーへとつながります。


このように、バスケットボールでは、ひとつのことだけでは

良いプレーにはつながりません。

バスケットボールの上達法は、いくつかのポイントを

正しく積み重ねることが大切です。

最後まで読んでくださってありがとうございます。

にほんブログ村 その他スポーツブログ バスケットボールへ
にほんブログ村←クリックお願いします!
人気ブログランキングへ←ランキングアップします!
←応援ありがとうございます!


2009/07/14 20:52|バスケット上達法TB:0CM:0
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://kikibasket.blog59.fc2.com/tb.php/219-0977fdee
東日本大震災のお見舞い

東日本大震災で被災された方々に 心よりお見舞い申し上げます。


ナイスシュート

image111.jpg


amazon


amazon DVD


amazon バスケグッズ


Copyright(C) 2008 All Rights Reserved. バスケットのちから~籠球論語~
Powered by FC2ブログ.  JavaScript by LostTechnology. template designed by 遥かなるわらしべ長者への軌跡.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。