バスケットのちから~籠球論語~

バスケットボールの理論・知識・哲学・技術を独自の見解で紹介します。

カテゴリ


プロフィール

kiki

Author:kiki
kiki(キキ)です。
高校時代は能代工業、京北高校、
土浦日大、明大中野高校、等々
東日本の全国区のチームと対戦!
その経験から得たバスケットボール
の見解を紹介します。


ランキング

↓ここをクリック!ランキングアップ!
(にほんブログ村)
にほんブログ村 その他スポーツブログ バスケットボールへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
(人気ブログランキング)

FC2ブログランキング


アクセスカウンター


オンラインカウンター

現在の閲覧者数:


リンク

このブログをリンクに追加する


最新コメント


最新記事


最新トラックバック


検索フォーム


こころの言葉


Google AdSence


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:--|スポンサー広告
バスケットボールはシュートを決める競技です。

個人の技術でいくらドリブルがうまくても、パスがうまくても

シュートが入らない選手は相手にとって、こわくありません。

とにかく、シュート力を高めることが必要です。

シュート力がない選手はディフェンスは守りやすい。

ドリブルとパスだけを注意すればいいのですから・・・


たとえ、パスを専門的に行うガードであっても

シュート力があれば、ディフェンスはまずシュートされないように

ディフェンスしようとします。

そうすると、ドリブルがしやすい状況がうまれます。

そして、ドリブルを警戒したディフェンスをされると、

パスがしやすくなります。

有利にオフェンスを展開させるためには、シュート力の強化は

必修科目ということになります。


●「入れる」ためのシュート練習を積み重ねる●

 シュート力を身につけるには、練習以外に方法はありません。

そして、より実践的な意識の練習をしなければなりません。

ノーマークでシュートを打てることは、そうあるものではありません。

ディフェンスのプレッシャーの中で打って入るシュート。

ディフェンスのプレッシャーをかいくぐって入れるシュート。

これこそが、本当のシュート力です。

ディフェンスいないシュート練習でも、常にディフェンスを意識して

シュートを入れることが重要です。

何本打ったかではなく、何本入ってかが重要であり、

何本打って、何本入ったがを意識しましょう。

シュートは正しいフォームを身につけることが大切です。

そのための打ち込むシュート練習も必要です。

正しいフォームを習得し、フォーム固めることが、

最初の取り組みです。

そして、正しいフォームを手に入れたなら、

後は結果、つまり入れることだけ意識しましょう。

いくら「惜しいシュート」を打っても、「形のいいシュート」を

打っても、意味がないことを考えなければなりません。

最終的には「入れたシュートの数」が重要です。

試合において、シュートが入らないと感じた時は、

自らリバウンドに向かって、リバウンドシュートを狙うことです。

これによって、「シュート入れた数」を多くするのです。

練習においてはシュートの確率を意識しなければいけませんが、

試合では、入れた数が重要なのです。

その点からも、バスケットボールの上達にはシュート力は

欠かせないものです。
最後まで読んでくださってありがとうございます。

にほんブログ村 その他スポーツブログ バスケットボールへ
にほんブログ村←クリックお願いします!
人気ブログランキングへ←ランキングアップします!
←応援ありがとうございます!

2009/07/18 21:45|バスケット上達法TB:0CM:2
このコメントは管理人のみ閲覧できます
#|2012/01/21(土) 19:07 [ 編集 ]
> 僕は3ポイントがジャンプシュートで届きません・・・
> 僕は一般的に腕や手首が細いので筋肉不足で届かないと思うのですが、シュートの飛距離を伸ばしてフリースローをジャンプしないで届かせるためにはどうすればいいでしょうか?


シュートの飛距離について

まず、3ポイントについては、無理にジャンプシュートする必要はありません。
セットシュートの方が距離がでるのであれば、まずはセットシュートを。

しかし、フリースローがジャンプシュートでないと届かないということなので、
セットシュートの距離がでないということになりますね。

さて、シュートの距離アップの秘訣は、「リラックス」です。
矛盾を感じるかもしれませんが、シュートの動作でボールをセットしたとき
肩に力が入ると、必然的に腕や手首、指にも力が入ります。

そうすると体全体に力がはいってしまいます。
そうすると、その分だけ、シュートの時にボールに与える力が
減少してしまうのです。
余計な力を抜く事がボールに与える力を増幅させるポイントです。

その感覚をつかむことが必要になります。
でも頭でわかっても、体は飛ばそうと力んでしまうはずです。

実は、娘もワンハンドシュートでフリースローをジャンプして打っていました。
そして中学1年生になったときは、ボールも大きくなり、リングも高くなって
余計に、ジャンプしていました。
3ヶ月後に「3ヶ月なったから、ジャンプしなくても届くはずだ」と言っただけで
シュートはジャンプしなくても届くようになりました。
いかにメンタルな部分が影響していたかがわかります。

当然、力を抜くようにとも言いました。それが一番のポイントです。
自分に暗示をかけてシュートを打ってみてください。
「リラックス。リラックス。届く。届く。」と心で唱えてみて下さい。
kiki #-|2012/01/24(火) 11:02 [ 編集 ]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://kikibasket.blog59.fc2.com/tb.php/221-00f102ca
東日本大震災のお見舞い

東日本大震災で被災された方々に 心よりお見舞い申し上げます。


ナイスシュート

image111.jpg


amazon


amazon DVD


amazon バスケグッズ


Copyright(C) 2008 All Rights Reserved. バスケットのちから~籠球論語~
Powered by FC2ブログ.  JavaScript by LostTechnology. template designed by 遥かなるわらしべ長者への軌跡.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。