バスケットのちから~籠球論語~

バスケットボールの理論・知識・哲学・技術を独自の見解で紹介します。

カテゴリ


プロフィール

kiki

Author:kiki
kiki(キキ)です。
高校時代は能代工業、京北高校、
土浦日大、明大中野高校、等々
東日本の全国区のチームと対戦!
その経験から得たバスケットボール
の見解を紹介します。


ランキング

↓ここをクリック!ランキングアップ!
(にほんブログ村)
にほんブログ村 その他スポーツブログ バスケットボールへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
(人気ブログランキング)

FC2ブログランキング


アクセスカウンター


オンラインカウンター

現在の閲覧者数:


リンク

このブログをリンクに追加する


最新コメント


最新記事


最新トラックバック


検索フォーム


こころの言葉


Google AdSence


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:--|スポンサー広告
バスケットボールにおいて重要なポイントは

ボールを奪われないことだと思います。

ミスで一番やっていけないものは、ボールを奪われることです。

ボールキープ力がないと、ディフェンスのプレッシャーに

負けてしまい、ミスしてしまうことが多くなります。

色々なプレーを確実に行うためにはボールキープ力が大切です。


バスケットボールの色々なプレーを確実に行うためには

まず、相手にボールを奪われない、ボールキープ力を養います。

いつボールを奪われるのではと不安な状態でのプレーは

プレーの確実性を奪います。

それがボールを失うミスにつながってしまいます。

単純なミスでボールを奪われることは個人の技術力が

上達しないばかりでなく、チームとしてのチームプレーも

つくれないことになります。

たとえ、シュート力があっても、パスやドリブルがうまくても

キープ力がなければ、ディフェンスのプレッシャーに負けて

フォームが崩れて、確実なプレーができなくなるでしょう。

レベルが高いプレーヤーはボールキープ力が高いものです。


●ボールキープ力=ドリブル、ピボット、視野の広さがポイント●

キープ力をつけるには、まずドリブルの能力を高めよう。

ディフェンスが一人なら、絶対にボールを奪われない自信が

必要になる。

また、バスケットボールの特徴的な技術であるピボットの

能力を磨いておきたい。

身体の向きやボールの位置をすばやく変えて、ボールを

奪われないための技術を高めることの重要です。

さらに、広い視野もち、周囲を見ることができれば、

タイミングよく、パスやシュートをする能力を養っておこう。

困った時は、常にゴールに向かう意識を持つこと。

これはディフェンスにとって脅威になり、ボールキープ力を

高めるためには必要なことである。


バスケットボールでの戦いでは、まずはボールの争奪戦である。

ボールキープ力がないと、ミスからたやすく相手にボールを

与えてしまう。これでは相手に勝つことはできない。

うまい選手は、ボールをたやすく奪われないことである。

最後まで読んでくださってありがとうございます。

にほんブログ村 その他スポーツブログ バスケットボールへ
にほんブログ村←クリックお願いします!
人気ブログランキングへ←ランキングアップします!
←応援ありがとうございます!
2009/07/21 21:14|バスケット上達法TB:0CM:0
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://kikibasket.blog59.fc2.com/tb.php/222-ef21cf67
東日本大震災のお見舞い

東日本大震災で被災された方々に 心よりお見舞い申し上げます。


ナイスシュート

image111.jpg


amazon


amazon DVD


amazon バスケグッズ


Copyright(C) 2008 All Rights Reserved. バスケットのちから~籠球論語~
Powered by FC2ブログ.  JavaScript by LostTechnology. template designed by 遥かなるわらしべ長者への軌跡.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。