バスケットのちから~籠球論語~

バスケットボールの理論・知識・哲学・技術を独自の見解で紹介します。

カテゴリ


プロフィール

kiki

Author:kiki
kiki(キキ)です。
高校時代は能代工業、京北高校、
土浦日大、明大中野高校、等々
東日本の全国区のチームと対戦!
その経験から得たバスケットボール
の見解を紹介します。


ランキング

↓ここをクリック!ランキングアップ!
(にほんブログ村)
にほんブログ村 その他スポーツブログ バスケットボールへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
(人気ブログランキング)

FC2ブログランキング


アクセスカウンター


オンラインカウンター

現在の閲覧者数:


リンク

このブログをリンクに追加する


最新コメント


最新記事


最新トラックバック


検索フォーム


こころの言葉


Google AdSence


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:--|スポンサー広告
攻め気とは、常にゴールを向き、ゴールに向かうということ。

攻める気持ちほど、バスケットの上達法として大切なことはないだろう。

相手がオフェンスの時、どんどんゴールに向かってくるオフェンスは

ディフェンスしにくいものです。

バスケットボールの競技では、ボールを持っている方が有利です。

有利な立場の時に消極的では、何も怖くないということになります。


攻め気はオフェンスだけに、あてはまるように思われますが、

ディフェンスにおいても、積極的なディフェンスは

相手にかけるプレッシャーの強く、有効です。

オフェンスにしろ、ディフェンスにしろ、攻める気持ちが

強い方が相手のかけるプレッシャーが強くなり、

有利な展開を作り出すことになります。

戦力の違いのよって、プレッシャーのかかり方が違ってくるが、

試合の局面によってこの攻める気持ちが大きく影響します。

チームの勢いというのは、積極的な攻撃、防御によって

うまれてくるものだと考えます。

積極性は「攻める気持ち」によってうまれます。

オフェンスにおける攻める気持ちは、常にゴールを向き、

シュートをねらうという気持ちです。

この気持ちが相手へのプレッシャーになります。


●ボールをもらったら、シュートという気持ち●

どんな局面でも、ボールをもらったら「シュート」を考えます。

ゴールから一番遠いところでもらっても「シュート」を考えるの?

という人がいるかもしれません。

ゴールを目指して、ドリブルやパスでボール運びをする時も

最終目的の「シュート」のかたちをイメージしていなければ

ならないと考えるのです。

ドリブルで運ぶ時にシュートを考えていれば、より速く、

一人でも多くのディフェンスを抜き去ってシュートに

結びつけたいと考えたいものです。

また、パスはよりゴールに近い味方に行われ、

「シュート」に結びつくように、早くて良いタイミングでと

考えるべきでしょう。

いいドリブルはシュートのためであり、

いいパスはシュートのためにあります。

そんなチャンスを多く作り出すのが、

「攻める気持ち」ではないでしょうか!

最後まで読んでくださってありがとうございます。

にほんブログ村 その他スポーツブログ バスケットボールへ
にほんブログ村←クリックお願いします!
人気ブログランキングへ←ランキングアップします!
←応援ありがとうございます!





2009/07/23 19:06|バスケット上達法TB:0CM:0
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://kikibasket.blog59.fc2.com/tb.php/224-0e942180
東日本大震災のお見舞い

東日本大震災で被災された方々に 心よりお見舞い申し上げます。


ナイスシュート

image111.jpg


amazon


amazon DVD


amazon バスケグッズ


Copyright(C) 2008 All Rights Reserved. バスケットのちから~籠球論語~
Powered by FC2ブログ.  JavaScript by LostTechnology. template designed by 遥かなるわらしべ長者への軌跡.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。