バスケットのちから~籠球論語~

バスケットボールの理論・知識・哲学・技術を独自の見解で紹介します。

カテゴリ


プロフィール

kiki

Author:kiki
kiki(キキ)です。
高校時代は能代工業、京北高校、
土浦日大、明大中野高校、等々
東日本の全国区のチームと対戦!
その経験から得たバスケットボール
の見解を紹介します。


ランキング

↓ここをクリック!ランキングアップ!
(にほんブログ村)
にほんブログ村 その他スポーツブログ バスケットボールへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
(人気ブログランキング)

FC2ブログランキング


アクセスカウンター


オンラインカウンター

現在の閲覧者数:


リンク

このブログをリンクに追加する


最新コメント


最新記事


最新トラックバック


検索フォーム


こころの言葉


Google AdSence


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:--|スポンサー広告
私が現役時代、理論的なバスケットボールの指導は

ほとんどないという時代。

そんな中で、やはりシュートは研究しなければ入らない

という結論に至った。

自分で考える。そして気づく。それが自分のちからになる。

そうして、シュートの確率を上げるための努力をしてきた。

それが今も続いている・・・。


● フォームを固める ●

 リングに向かって3mの距離。それも正面の方がいい。

 そこから、シュートを打つ。正しいフォームでシュートを

 繰り返す。それによってフォームを固める。

 リング正面というのも意味がある。

 距離感がつかみ易く、シュートが入りやすい。

 ボードは使わず、リングにも当たらないようにきれいに入れる。

 まず、シュートが入ることが大切。この成功体験が自信になる。

 何気なく打たないこと。全部入れるつもりで打つこと。

 ボールがきれいに入らなかった場合やフォームに違和感を

 感じたら、原因をチェックしたい。

 悪いフォームや悪い感覚では打ってはいけない。

 悪いフォームの癖がついてしまうと直すのに

 フォーム固める時間の倍以上の時間がかかるからである。

 
 ☆ フォームを固める時のチェックポイント ☆

   ・ボールセット(構える時)に手首は充分に曲がっているか。

   ・ボールを構える位置がいいか。(前すぎたり、後ろすぎないか)

   ・ワンハンドの場合、左手がリリースの邪魔をしていないか。

    添えている手の位置が適切か。

   ・肘が外側に大きく開いていないか。

   ・膝と肘の伸ばしがうまく連動して、ボールに膝のちからが

    伝わっているか。

   ・シュート後に身体のバランスがふらつかないか。

   ・シュートのリリースの時にボールが中指の指先から

    離れているか。

   ・バックスピンが正しくかかっているか。

   ・腕の伸ばしが正しく、ボールの軌跡の頂点が高く正しいか。

 それぞれのチェックポイントがあっていいと思うが自分の場合は

 以上のようなチェックを行う。


毎日続けるオフェンスドリル


最後まで読んでくださってありがとうございます。

にほんブログ村 その他スポーツブログ バスケットボールへ
にほんブログ村←クリックお願いします!
人気ブログランキングへ←ランキングアップします!
←応援ありがとうございます!
2009/08/13 19:19|シュートの上達法TB:0CM:0
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://kikibasket.blog59.fc2.com/tb.php/237-d661f259
東日本大震災のお見舞い

東日本大震災で被災された方々に 心よりお見舞い申し上げます。


ナイスシュート

image111.jpg


amazon


amazon DVD


amazon バスケグッズ


Copyright(C) 2008 All Rights Reserved. バスケットのちから~籠球論語~
Powered by FC2ブログ.  JavaScript by LostTechnology. template designed by 遥かなるわらしべ長者への軌跡.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。