バスケットのちから~籠球論語~

バスケットボールの理論・知識・哲学・技術を独自の見解で紹介します。

カテゴリ


プロフィール

kiki

Author:kiki
kiki(キキ)です。
高校時代は能代工業、京北高校、
土浦日大、明大中野高校、等々
東日本の全国区のチームと対戦!
その経験から得たバスケットボール
の見解を紹介します。


ランキング

↓ここをクリック!ランキングアップ!
(にほんブログ村)
にほんブログ村 その他スポーツブログ バスケットボールへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
(人気ブログランキング)

FC2ブログランキング


アクセスカウンター


オンラインカウンター

現在の閲覧者数:


リンク

このブログをリンクに追加する


最新コメント


最新記事


最新トラックバック


検索フォーム


こころの言葉


Google AdSence


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:--|スポンサー広告
シュートは練習で決めるのは当然です。

まして、ディフェンスがいないシュートドリルでは

100%に近い確率で決める必要があります。

それは、距離が長くなっても大きく確率が下がらないことが

理想的です。

長い距離で確率が悪かったら一歩前に出て入る様にしましょう。

そして、感覚をつかんたら、長い距離へとチャレンジしましょう。

しかし、ノーマークでシュートできる状況など、試合ではありません。

ディフェンスがいてもシュート決めるように練習しましょう。


いろいろな角度や距離からのシュートがマスターできたら

実戦を想定したディフェンスをつけてのシュート練習が必要です。

実戦では、フリースロー以外はノーマークならないと思ったほうが

良いと思います。ディフェンスがいて決まるシュートこそ必要です。

さて、ディフェンスをつけてのシュート練習の最初はただ立っている

だけのものでいいでしょう。それだけでもシュートの感覚が変わります。

感覚のずれによってシュートは入らなくなります。

少し慣れて入る様になってきたら、少し邪魔をしてもらいましょう。

徐々にならして、最後は本気でチェックしてもらうのです。

まず、ディフェンスがいても、自分のシュートフォーム、リズムを

崩さずにリリースを確実にできるようにし、スナップを効かせましょう。

そうすれば、シュートは入る様になります。

最初はうまくいかないはずです。うまくいかない時は、ひとつ前の

段階に戻り、しっかりとシュート感覚やフォーム、リズム、リリースを

取り戻しましょう。そして、次の段階にチャレンジします。

うまくいかなくなったら戻るというのが私のシュート練習のポイントです。


最後まで読んでくださってありがとうございます。

にほんブログ村 その他スポーツブログ バスケットボールへ
にほんブログ村←クリックお願いします!
人気ブログランキングへ←ランキングアップします!
←応援ありがとうございます!

2009/08/20 19:46|シュートの上達法TB:0CM:0
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://kikibasket.blog59.fc2.com/tb.php/239-2bc4ea00
東日本大震災のお見舞い

東日本大震災で被災された方々に 心よりお見舞い申し上げます。


ナイスシュート

image111.jpg


amazon


amazon DVD


amazon バスケグッズ


Copyright(C) 2008 All Rights Reserved. バスケットのちから~籠球論語~
Powered by FC2ブログ.  JavaScript by LostTechnology. template designed by 遥かなるわらしべ長者への軌跡.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。