バスケットのちから~籠球論語~

バスケットボールの理論・知識・哲学・技術を独自の見解で紹介します。

カテゴリ


プロフィール

kiki

Author:kiki
kiki(キキ)です。
高校時代は能代工業、京北高校、
土浦日大、明大中野高校、等々
東日本の全国区のチームと対戦!
その経験から得たバスケットボール
の見解を紹介します。


ランキング

↓ここをクリック!ランキングアップ!
(にほんブログ村)
にほんブログ村 その他スポーツブログ バスケットボールへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
(人気ブログランキング)

FC2ブログランキング


アクセスカウンター


オンラインカウンター

現在の閲覧者数:


リンク

このブログをリンクに追加する


最新コメント


最新記事


最新トラックバック


検索フォーム


こころの言葉


Google AdSence


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:--|スポンサー広告
パスの練習の目標は、タイミングとはやさと正確さである。

レシーバーがプレーしやすいタイミングで、ディフェンスに

邪魔されないように素早くパスしなければならない。

ただし、レシーバーの取りやすさを無視はできない。

そのためには、正確なパスができるように

ならなければならない。パスの目標はそこにある。


●素早く強く正確なパスの練習

 パスの基本はパートナーとの対面パスの練習になる。

 そこにも上達のポイントがあるので意識して練習したい。

 ・最初は正しいフォームでゆっくりと行いフォームを固める。

 ・次はコントロールを重視する。相手の胸に狙って投げる。

 ・できるだけ早いタイムングでパスできるようにする。

 ・できるだけ強いパスができるようにする。

 パスの上達の目安は、強く、早く、正確に、である。

 そして、どのパスも正しいバックスピンがかかるようにする。

●パスの強化練習法

 ・2つのボールを使って、チェストパスとオーバーヘッドパス、

  バウンドパスを組み合わせて練習する。(2人、対面パス)

  これは、パス出しを早くする練習になる。

 ・座った姿勢での対面パスの練習。

  パスの種類も、チェストパス、サイドハンドパス、オーバー

  ヘッドパスの練習をする。

  これは、手首のスナップの練習になる。

 どんな練習においても、ディフェンスをつけて練習する。

 対面パスにも間にディフェンスを立たせて、色々なパスをする。

 フェイントや、ドリブルも組み合わせて、ディフェンスをかわして

 色々なパスを使ってパスを送る。

 ディフェンスは最初、あまり真剣につかない。だんだんと

 真剣につくようにする。

 
◎ どんな練習も、最終的には実戦的でなければならない。

  試合においてディフェンスがいないということはありえない。

  実戦を考えない練習は、練習のための練習であって、

  試合のための練習にならない。 そして、上達もしない。

  常に試合を想定して、練習をしたいものである。


最後まで読んでくださってありがとうございます。

にほんブログ村 その他スポーツブログ バスケットボールへ
にほんブログ村←クリックお願いします!
人気ブログランキングへ←ランキングアップします!
←応援ありがとうございます!
2009/08/27 19:07|パス・スキルTB:0CM:0
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://kikibasket.blog59.fc2.com/tb.php/243-18fdd304
東日本大震災のお見舞い

東日本大震災で被災された方々に 心よりお見舞い申し上げます。


ナイスシュート

image111.jpg


amazon


amazon DVD


amazon バスケグッズ


Copyright(C) 2008 All Rights Reserved. バスケットのちから~籠球論語~
Powered by FC2ブログ.  JavaScript by LostTechnology. template designed by 遥かなるわらしべ長者への軌跡.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。