バスケットのちから~籠球論語~

バスケットボールの理論・知識・哲学・技術を独自の見解で紹介します。

カテゴリ


プロフィール

kiki

Author:kiki
kiki(キキ)です。
高校時代は能代工業、京北高校、
土浦日大、明大中野高校、等々
東日本の全国区のチームと対戦!
その経験から得たバスケットボール
の見解を紹介します。


ランキング

↓ここをクリック!ランキングアップ!
(にほんブログ村)
にほんブログ村 その他スポーツブログ バスケットボールへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
(人気ブログランキング)

FC2ブログランキング


アクセスカウンター


オンラインカウンター

現在の閲覧者数:


リンク

このブログをリンクに追加する


最新コメント


最新記事


最新トラックバック


検索フォーム


こころの言葉


Google AdSence


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:--|スポンサー広告
バスケットボールのプレーの中で、天性の能力に支配されないのが

リバウンドであると考えます。

リバウンドは学びとるものであり、上達するためには勇気と

意欲と激しい練習が必要である考えます。

「リバウンドには栄光はない、しかし、勝利がある。」


得点能力の低い選手がチームに貢献できるのは、

ディフェンスをルーズボール、リバウンドです。

しかし、リバウンドを獲るためには、背の高さとジャンプ力が

ポイントとなることは明らかです。

しかし、背の低い選手でもリバウンドの獲得が得意な選手もいます。

つまり、正確なリバウンド技術を習得することで誰でも上達できます。

しかし、多くの指導者は、リバウンド練習を取り入れていないのが

実情ではないでしょうか。あなたのチームの練習にどのくらいの時間

リバウンドの練習がありますか。

また、指導者は正確なリバウンド技術を指導してくれますか。

リバウンド技術は放っておいてもうまくならないと考えます。

攻撃的なリバウンドをきっちりと強調しオフェンスでも

ディフェンスでもきちんと指導できる指導者は

確実に勝利を手にできるものと考えます。

ノーマークのシュート以外は必ずや落ちる可能性があります。

それを拾って(リバウンドして)入れることができれば、

より得点力が上がるはずです。もしリバウンドが弱いと感じるなら

もう一度リバウンドを考え直して見て下さい。

「リバウンドには栄光はない。しかし、勝利がある。」

最後まで読んでくださってありがとうございます。

にほんブログ村 その他スポーツブログ バスケットボールへ
にほんブログ村←クリックお願いします!
人気ブログランキングへ←ランキングアップします!
←応援ありがとうございます!
2009/09/26 19:54|リバウンドTB:0CM:0
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://kikibasket.blog59.fc2.com/tb.php/257-d0741ab3
東日本大震災のお見舞い

東日本大震災で被災された方々に 心よりお見舞い申し上げます。


ナイスシュート

image111.jpg


amazon


amazon DVD


amazon バスケグッズ


Copyright(C) 2008 All Rights Reserved. バスケットのちから~籠球論語~
Powered by FC2ブログ.  JavaScript by LostTechnology. template designed by 遥かなるわらしべ長者への軌跡.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。