バスケットのちから~籠球論語~

バスケットボールの理論・知識・哲学・技術を独自の見解で紹介します。

カテゴリ


プロフィール

kiki

Author:kiki
kiki(キキ)です。
高校時代は能代工業、京北高校、
土浦日大、明大中野高校、等々
東日本の全国区のチームと対戦!
その経験から得たバスケットボール
の見解を紹介します。


ランキング

↓ここをクリック!ランキングアップ!
(にほんブログ村)
にほんブログ村 その他スポーツブログ バスケットボールへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
(人気ブログランキング)

FC2ブログランキング


アクセスカウンター


オンラインカウンター

現在の閲覧者数:


リンク

このブログをリンクに追加する


最新コメント


最新記事


最新トラックバック


検索フォーム


こころの言葉


Google AdSence


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:--|スポンサー広告
バスケットボールで一番の目的は試合で行使する

ファンダメンタルを習得することであると言えます。

個人のファンダメンタルのレベルアップすることを

第一の目的とし、このファンダメンタルを試合でスムーズに

機能させることでチームプレーが形成されると考えます。

「バスケットボールの攻防の最後は1対1である。」


バスケットボールは本来、チームスポーツである。

しかし、強いチームにするためには、個人のファンダメンタルの

レベルアップは不可欠である。

選手一人一人がオフェンスにおける脅威でなければならない。

試合での攻防の最後は1対1になるため、選手一人一人が

イニシアチブを発揮する機会は多く訪れるのである。

バスケットボールには、ポジションが存在する。

個人のオフェンス・ファンダメンタルを考えると、ポジションに

関わらず習得しなければならないファンダメンタルと、

ポジションによって必ず習得しなければならないファンダメンタルが

あると言えます。センター、フォワード、ガードを大きく分ければ、

それぞれのポジション特有のファンダメンタルがあるということになります。

できれば、すべてのポジションがこなせるように各ポジションの

ファンダメンタルを習得することが試合におけるプレーの選択肢を

広げることになるでしょう。

選手は自分の役割を理解し、習得すべきファンダメンタルを練習で

取り組むことになるでしょう。そして、できることをより磨き、

できないこともできるように努力することが大切です。

指導者は、個々のファンダメンタルの習得率を分析した上で

チームプレーの戦略を考え採用しなければならない。

個々のファンダメンタルの習得率と戦略のレベルが合っていなければ

チームとしてのプレーは機能しない。

例えば、プレスを仕掛けられて、ボールダウン(運び)が

できないというのはボールダウンのパターンや戦略よりも

個々のファンダメンタルが十分に習得されていない場合が多いと

考えるのはわたしだけでしょうか・・・。

どんな状況でも

「バスケットボールの攻防の最後は1対1である。」

個人のファンダメンタル習得こそ、バスケットボールでは重要である。

最後まで読んでくださってありがとうございます。

にほんブログ村 その他スポーツブログ バスケットボールへ
にほんブログ村←クリックお願いします!
人気ブログランキングへ←ランキングアップします!
←応援ありがとうございます!




2009/10/03 15:24|バスケット上達法TB:0CM:0
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://kikibasket.blog59.fc2.com/tb.php/259-6510513e
東日本大震災のお見舞い

東日本大震災で被災された方々に 心よりお見舞い申し上げます。


ナイスシュート

image111.jpg


amazon


amazon DVD


amazon バスケグッズ


Copyright(C) 2008 All Rights Reserved. バスケットのちから~籠球論語~
Powered by FC2ブログ.  JavaScript by LostTechnology. template designed by 遥かなるわらしべ長者への軌跡.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。