バスケットのちから~籠球論語~

バスケットボールの理論・知識・哲学・技術を独自の見解で紹介します。

カテゴリ


プロフィール

kiki

Author:kiki
kiki(キキ)です。
高校時代は能代工業、京北高校、
土浦日大、明大中野高校、等々
東日本の全国区のチームと対戦!
その経験から得たバスケットボール
の見解を紹介します。


ランキング

↓ここをクリック!ランキングアップ!
(にほんブログ村)
にほんブログ村 その他スポーツブログ バスケットボールへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
(人気ブログランキング)

FC2ブログランキング


アクセスカウンター


オンラインカウンター

現在の閲覧者数:


リンク

このブログをリンクに追加する


最新コメント


最新記事


最新トラックバック


検索フォーム


こころの言葉


Google AdSence


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:--|スポンサー広告
ボール運びを含めて、シュートに向かうための攻撃(ボールの展開)

の方法にはドリブルとパスの2つの方法があると思います。

それぞれの特徴について考えてみましょう。


パスはスピードが速く、一気に攻撃エリアまで

ボールを持っていけます。また、ディフェンスを

崩したりするのにも効果的です。

しかし、パスはボールをコントロールできない時間が

長いということに気づかなければなりません。

ボールが手から離れている時間が長いということは

パスミスやディフェンスによるパスカットでボールを

奪われる可能性が大きくなります。

さて、ドリブルはパスと比較すると、攻め込むスピードは

速くありません。そのため相手にディフェンスをセットする

時間を与えてしまいます。

しかし、パスと違い常にボールが手元近くににあることから

ボールを奪われにくくなります。ボールを守りやすく

ミスの危険は小さくなります。

ドリブルの技術の習得と向上の目的はここにあります。


パスとドリブルのどちらでボールを運ぶかは、ドリブラーの

能力やチームカラー、試合の状況によって変わってきます。

しかし、パスだけにたよるプレーや、ドリブルだけにたよるプレーでは

どれだけ素晴らしいプレーや技術であっても、ディフェンスに

読めれていては、勝負にならずにおさえられてしまうでしょう。

そう考えると、パスもドリブルの必要な技術ですが、

特にドリブルは絶対的に必要な技術になります。

でも、ご存じのとおり、ドリブルは頼りすぎては

オフェンスのリズムを崩すひとりよがりのプレーになってしまう

危険性が潜んでいます。

パスの特徴とドリブルの特徴を理解したうえで、

うまく使い分けることができれば、よりディフェンスを苦しめる

プレーをすることができるでしょう。

そして、パスにとドリブルを的確に使い分けて

効果的に攻撃するのは、広い視野が重要なポイントになります。

↓↓↓よろしければクリック! お願いします。
にほんブログ村 その他スポーツブログ バスケットボールへ 人気ブログランキングへ
2009/10/17 11:05|技術理論TB:0CM:0
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://kikibasket.blog59.fc2.com/tb.php/263-ffa9cc6d
東日本大震災のお見舞い

東日本大震災で被災された方々に 心よりお見舞い申し上げます。


ナイスシュート

image111.jpg


amazon


amazon DVD


amazon バスケグッズ


Copyright(C) 2008 All Rights Reserved. バスケットのちから~籠球論語~
Powered by FC2ブログ.  JavaScript by LostTechnology. template designed by 遥かなるわらしべ長者への軌跡.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。