バスケットのちから~籠球論語~

バスケットボールの理論・知識・哲学・技術を独自の見解で紹介します。

カテゴリ


プロフィール

kiki

Author:kiki
kiki(キキ)です。
高校時代は能代工業、京北高校、
土浦日大、明大中野高校、等々
東日本の全国区のチームと対戦!
その経験から得たバスケットボール
の見解を紹介します。


ランキング

↓ここをクリック!ランキングアップ!
(にほんブログ村)
にほんブログ村 その他スポーツブログ バスケットボールへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
(人気ブログランキング)

FC2ブログランキング


アクセスカウンター


オンラインカウンター

現在の閲覧者数:


リンク

このブログをリンクに追加する


最新コメント


最新記事


最新トラックバック


検索フォーム


こころの言葉


Google AdSence


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:--|スポンサー広告
得点力をアップすることは、チームにとって

大きな課題となるでしょう。

得点力と言っても、対戦チームや戦術・戦略、選手の特性によって

その方法は変わってきます。




チームの状況や選手のレベルなどの要素によって

変わってきますが、まずはディフェンスを強化して

ファーストブレイクを中心に考えていく方法があります。

ただ、それをやったからといって得点力があがるという

ものではありません。

ファーストブレイクを狙うことで走るプレーが増えれば

攻撃回数は増えますし、それによってシュートの回数も

増えることになります。

だからといって得点力は上がらないものです。

なぜなら、シュートが入らなければ意味がないのです。

いくら素晴らしいフォーメーションをやったとしても

シュートが入らなければ得点はあがりません。

それどころか、攻撃回数が増えることは、逆に相手の

攻撃回数も増えることになり、相手がシュート力があれば

負けの原因になります。

そう考えると、シュート力を上げることが得点力アップの

ポイントになると言えます。

得点力アップにはシュート力があるということが

大前提となります。

日々の練習の中で、いかにシュート力を上げるかということを

頭においておかなければなりません。

指導者は個人の技術習得のための指導や練習を選定し

実行していかなければなりません。

そして、選手は自分のシュート力を上げるために

時間をつくってはシュート練習を行いましょう。

シュートは入って当たり前。入らなかったらフォームをチェックし

修正しながら練習するという意識が大切です。

↓↓↓よろしければクリック! お願いします。
にほんブログ村 その他スポーツブログ バスケットボールへ 人気ブログランキングへ


2009/10/25 07:44|オフェンスの戦略・戦術TB:0CM:0
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://kikibasket.blog59.fc2.com/tb.php/267-13629bdb
東日本大震災のお見舞い

東日本大震災で被災された方々に 心よりお見舞い申し上げます。


ナイスシュート

image111.jpg


amazon


amazon DVD


amazon バスケグッズ


Copyright(C) 2008 All Rights Reserved. バスケットのちから~籠球論語~
Powered by FC2ブログ.  JavaScript by LostTechnology. template designed by 遥かなるわらしべ長者への軌跡.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。