バスケットのちから~籠球論語~

バスケットボールの理論・知識・哲学・技術を独自の見解で紹介します。

カテゴリ


プロフィール

kiki

Author:kiki
kiki(キキ)です。
高校時代は能代工業、京北高校、
土浦日大、明大中野高校、等々
東日本の全国区のチームと対戦!
その経験から得たバスケットボール
の見解を紹介します。


ランキング

↓ここをクリック!ランキングアップ!
(にほんブログ村)
にほんブログ村 その他スポーツブログ バスケットボールへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
(人気ブログランキング)

FC2ブログランキング


アクセスカウンター


オンラインカウンター

現在の閲覧者数:


リンク

このブログをリンクに追加する


最新コメント


最新記事


最新トラックバック


検索フォーム


こころの言葉


Google AdSence


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:--|スポンサー広告
勝つために得点力は必要です。

前回も書きましたが、得点力のアップには、

シュート力アップがかかせません。

勝つためにの得点力の考え方はどうすればいいのでしょうか?


指導者が一番失敗しがちなのは、シュート力がないのに

オフェンスのパターンやフォーメーションの練習に

時間を費やしてしまうことです。

どうしても、試合の日程に合わせて練習プログラムを

考えてしまいがちです。

明らかに選手の能力や体力が勝ってしても、シュートが入らない

チームが、そんなにうまいと思えないチームから負けてしまうのは

シュート力、リバウンド力がないことに原因がある場合が多いと思います。


指導者は常に、チームや選手を細かく分析しなければなりません。

そして、どうすべきなのかを考えなければなりません。

また、今の状態が良いのか悪いのか、悪いとしたら何が原因なのかを

常に感じとって、悪いところはすぐに修正でき、良い状態を継続できるように

できることが必要になります。


さて、得点力のアップをはかりながら、勝利を手にするためには

「バランス」を考える必要があるでしょう。

例えば、ディフェンスが悪いからといって、ディフェンスだけを

練習すれば、オフェンスが弱くなります。

ディフェンスをがんばりながらも、オフェンスをがんばるという、

「バランス」を重視しなければなりません。

「バランス」を良くしなければ、得点力をアップすることは

できないと考えます。

得点力アップには「シュート力」が必要と言ってきましたが、

漠然とシュート練習しても得点力は上がりません。

シュート練習でほとんどのシュートが入ったとしても

試合で入らなければ、意味がありません。

試合で良い状態を作り出してシュートを打たなければ

シュートは入らないのです。

要はシュート力という技術の向上とともに、シュートチャンスを

作り出すための攻撃の「バランス」とシュートセレクションの良さを

アップさせなければならないのです。

↓↓↓よろしければクリック! お願いします。
にほんブログ村 その他スポーツブログ バスケットボールへ 人気ブログランキングへ




2009/10/30 09:21|オフェンスの戦略・戦術TB:0CM:0
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://kikibasket.blog59.fc2.com/tb.php/268-35bd8bd9
東日本大震災のお見舞い

東日本大震災で被災された方々に 心よりお見舞い申し上げます。


ナイスシュート

image111.jpg


amazon


amazon DVD


amazon バスケグッズ


Copyright(C) 2008 All Rights Reserved. バスケットのちから~籠球論語~
Powered by FC2ブログ.  JavaScript by LostTechnology. template designed by 遥かなるわらしべ長者への軌跡.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。