バスケットのちから~籠球論語~

バスケットボールの理論・知識・哲学・技術を独自の見解で紹介します。

カテゴリ


プロフィール

kiki

Author:kiki
kiki(キキ)です。
高校時代は能代工業、京北高校、
土浦日大、明大中野高校、等々
東日本の全国区のチームと対戦!
その経験から得たバスケットボール
の見解を紹介します。


ランキング

↓ここをクリック!ランキングアップ!
(にほんブログ村)
にほんブログ村 その他スポーツブログ バスケットボールへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
(人気ブログランキング)

FC2ブログランキング


アクセスカウンター


オンラインカウンター

現在の閲覧者数:


リンク

このブログをリンクに追加する


最新コメント


最新記事


最新トラックバック


検索フォーム


こころの言葉


Google AdSence


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:--|スポンサー広告
1対1の攻防においてのディフェンスの技術のポイントは・・・。

まずは、1対1のディフェンス力をアップしなければならない。

それには、やみくもにがんばるだけではアップしない。

ポイントについて分析してみよう。



●ポジション

 相手との位置関係において、コート上の位置や守るべき場所を

 的確に理解することが大切である。このポジションの取り方が

 ディフェンスの出来不出来に大きく影響する。

●ビジュン

 常に自分のマークマンだけでなく、味方の位置や、相手の位置や動き

 次に起こるべきプレーを想定しながら、ボールの動きを見ながら

 ディフェンスしなければならない。そのために視野を広くする必要がある。

●スタンス

 基本姿勢を保つことが大切であるが、試合の終盤は疲労によって

 重心が高くなりがちである。常に重心を低く保ちスムーズに

 動けることが必要になる。スタンスには、スクエア、ボクサーなどの

 ボールマンに対するものと、オープン、クローズなどとボールを

 持たない者へのスタンスがある。適正なスタンスによって、

 次のプレーに対応できるものと考えます。

●ボイス

 ディフェンスにおいて重要なことは声を出すということである。

 声を出すことは、常に味方に自分ののマークマンの状況を

 教えることだけではないだろう。

 声を出すことで、もう一度自分の頭の中に入ってきて、自分自身の

 意識確認をすることができるはずである。

 そういう意味では、意味のある必要な言葉を発することがポイントである。

●ハンズアップ

 当然、疲れてくると手が下がってくる。相手をけん制するためや

 ボールを奪うためには、常にボールに対して反応できるように

 準備していなければならない。手を上げる早さと手を下げる早さでは

 手を下げるほうがはるかに反応が早いことを考えれば、

 常に手を上げることが重要である。


ディフェンスに限らず、技術にはポイントが存在する。

そのポイントに気づき、実行することで正確で早いプレーが可能になる。

↓↓↓よろしければクリック! お願いします。
にほんブログ村 その他スポーツブログ バスケットボールへ 人気ブログランキングへ

 
2009/11/12 21:17|ディフェンススキルTB:0CM:4
僕は基本全部が出来ないのでまずはディフェンスを強化しようと思っているんですが、
ここで、あがっている
ハンズアップをしながらディフェンスをする
ですが、手を上げながらディフェンスすると見事に簡単に抜かれてしまいます。手を上げないでやっているときも、一歩前に出ている足のほうに行かれると足が追いつかなくなってしまううのです。これは筋力的な問題なのかそれともまた別のことなのか教えていただきたいいです。

文章がわかりづらくてすいません。
アキヒロ #-|2009/12/10(木) 00:12 [ 編集 ]
コメントありがとうございます。
ディフェンスについては何回か記事を書いて
います。その中で読み拾って自分の状況に
あってものを選んで当てはめて見て下さい。
状況を見ることができればすぐに悪いポイントが
わかってアドバイスできると思うのですが
残念です。

抜かれるのはハンズアップが問題では
ありません。それだったら誰もハンズアップ
しなくなるでしょう。バスケットボールに
ハンズアップという言葉はなくなります。

抜かれるのは間合いの問題です。
相手との距離が近ければ近いほど抜かれる
リスクは強くなります。
かといって2mも離れてしまっては、
ディフェンスしているとは言えなくなります。
相手に抜かれず、プレッシャーをかけれる
距離をつかんで下さい。

前足の逆を抜かれるのもポジション取りの
問題です。あなたの前足が右足ならば、
相手の左足の外側にセットされていなければ
なりません。その方向へは抜かせては
いけないのが基本です。

kiki #-|2009/12/10(木) 23:15 [ 編集 ]
ありがとうございます。

とても参考になりました!!
ディフェンスのイメージも少し出来ました。
一対一をもっとやっていってさらにディフェンスに磨きをかけます。

本当にありがとうございました。
アキヒロ #-|2010/01/03(日) 03:13 [ 編集 ]
あけましておめでとう。
そしてコメントありがとう。

あくまでも、私の考えは参考程度にして
下さい。そして、自分の理論を考えて下さい。
自分の理論が確立できれば、上達できますよ。
kiki #-|2010/01/04(月) 21:02 [ 編集 ]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://kikibasket.blog59.fc2.com/tb.php/271-2b0273b3
東日本大震災のお見舞い

東日本大震災で被災された方々に 心よりお見舞い申し上げます。


ナイスシュート

image111.jpg


amazon


amazon DVD


amazon バスケグッズ


Copyright(C) 2008 All Rights Reserved. バスケットのちから~籠球論語~
Powered by FC2ブログ.  JavaScript by LostTechnology. template designed by 遥かなるわらしべ長者への軌跡.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。