バスケットのちから~籠球論語~

バスケットボールの理論・知識・哲学・技術を独自の見解で紹介します。

カテゴリ


プロフィール

kiki

Author:kiki
kiki(キキ)です。
高校時代は能代工業、京北高校、
土浦日大、明大中野高校、等々
東日本の全国区のチームと対戦!
その経験から得たバスケットボール
の見解を紹介します。


ランキング

↓ここをクリック!ランキングアップ!
(にほんブログ村)
にほんブログ村 その他スポーツブログ バスケットボールへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
(人気ブログランキング)

FC2ブログランキング


アクセスカウンター


オンラインカウンター

現在の閲覧者数:


リンク

このブログをリンクに追加する


最新コメント


最新記事


最新トラックバック


検索フォーム


こころの言葉


Google AdSence


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:--|スポンサー広告
ディフェンスでいうポジションには2つあると言えます。

コート上の位置を示す場合と姿勢を示す場合です。

ポジション取りと言えばコート上の位置を示す場合が

多いと言えます。



ディフェンスのポジション取りを示す言葉として、

Aディフェンス、Bディフェンス、Cディフェンスという

3つの言葉が使われます。

Aディフェンスは、ボールマンディフェンスのこと。

Bディフェンスはパスチェックデイフェンスのこと。

Cディフェンスはカバーディフェンスのこと。

Aディフェンスは自分のマークマンがボールを

持っている時のディフェンスの位置取りを表現します。

Bディフェンスは、ボールマンからすぐ隣の位置で

パスがきやすい位置のディフェンスです。

Cディフェンスはボールからもっとも遠い位置での

ディフェンスになります。

Aディフェンスはボールマンに対してタイトにマーク

しなければならないでしょう。

まずはシュートを打たれないこと。ドリブルで抜かれないこと。

ボールに対してハンドチェックしてパスを出させないこと。

これらが目的となります。

Bディフェンスはボールマンからのパスを入れさせないこと。

できればパスカットを狙いところだが、ギャンブルディフェンスに

なってはならない。あくまでパスを入れさせないこと。

また、それにこだわりすぎて近づきすぎると、

リングに走りこまれて、大きなチャンスを相手に与えてしまう。

ハンズアップで距離感を保ち、パスコースをけん制することが

重要になります。

Cディフェンスはマークとの距離をややとり、Aディフェンスや

Bディフェンスの味方が抜かれてきたときに

対応しなければならない。それには、マークマンとボールの

両方を見ていなければならないでしょう。

ボールは常に動きます。そんな意味からも

ディフェンスポジションはめまぐるしく変わることを考えて

いなければならないでしょう。軽快なフットワークで

最適なポジションを取るべくディフェンスをがんばりましょう。

↓↓↓よろしければクリック! お願いします。
にほんブログ村 その他スポーツブログ バスケットボールへ 人気ブログランキングへ
2009/11/18 18:44|ディフェンススキルTB:0CM:0
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://kikibasket.blog59.fc2.com/tb.php/272-b6df1b81
東日本大震災のお見舞い

東日本大震災で被災された方々に 心よりお見舞い申し上げます。


ナイスシュート

image111.jpg


amazon


amazon DVD


amazon バスケグッズ


Copyright(C) 2008 All Rights Reserved. バスケットのちから~籠球論語~
Powered by FC2ブログ.  JavaScript by LostTechnology. template designed by 遥かなるわらしべ長者への軌跡.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。