バスケットのちから~籠球論語~

バスケットボールの理論・知識・哲学・技術を独自の見解で紹介します。

カテゴリ


プロフィール

kiki

Author:kiki
kiki(キキ)です。
高校時代は能代工業、京北高校、
土浦日大、明大中野高校、等々
東日本の全国区のチームと対戦!
その経験から得たバスケットボール
の見解を紹介します。


ランキング

↓ここをクリック!ランキングアップ!
(にほんブログ村)
にほんブログ村 その他スポーツブログ バスケットボールへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
(人気ブログランキング)

FC2ブログランキング


アクセスカウンター


オンラインカウンター

現在の閲覧者数:


リンク

このブログをリンクに追加する


最新コメント


最新記事


最新トラックバック


検索フォーム


こころの言葉


Google AdSence


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:--|スポンサー広告
バスケットボールの奥は深い!

最近はディフェンスを中心に書いていますが、

どんどんはまり込んでしまって、なかなか完結しません。

書いていけば書いていくほど、書き足りない気がします。

今回は、ボールマンディフェンスをテーマにしました。

これを書いていくと、また長くなりそうです。





★レディースタンスを身につける

レディースタンスはボールマンディフェンスの基本となる

姿勢のことです。

シュート、パス、ドリブルに対応できるように正しい姿勢を

身につけなければなりません。


スタッガースタンスは、ボールマンの前に立ちはだかるように

正対しているスタンスのことです。

このスタンスはボールマンに対して自分の身体を大きく見せて

守り、またボールマンがリングに向かう時に少しでも遠回りに

なるように、膝が伸び切らないように両足を大きく広げます。

相手の動きに対応して前後左右に動けるように

構えることが大切です。その時、左右の足をズラして構えます。

足のズラしかたは色々あると思いますが、ヒール・ツー・トゥーと

表現するでしょうか、前足のカカトに後ろ足のつま先を合わせて

構えることになるでしょう。どちらの足を前にするかは、

ディフェンスをどちらに誘導するかで変わってきます。

ディフェンスの構えで素早く相手の動きに対応するためには

膝を柔らかく構えることが大切です。膝を曲げて低く構えて

なおかつ、スムーズなニーアクションするためには、

膝を軽く動かして柔らかく保つことが重要です。


姿勢を低く保つことをスティ・ダウンといいますが、

上体を前傾させてしまっては身体のバランスを崩します。

目安としては、顔の位置を両足を結ぶ線上におくようにします。

しっかり上体を起こして相手を見なければなりません。

そして手ですが、前足の手はボールの近くに置きます。

常にボールの動きに対応し、ボールにプレッシャーをかけます。

簡単にシュート、パス、ドリブルをさせないようにします。

ボールマンが何かをしようとするに最初に動くのがボールで

あることから、これが大切なのです。

さらに、後足の手ですが、肩よりも上におき、親指を耳の穴に

むけるように位置します。この手の役目はパスコースを

せまくすることと、相手の視界をさえぎる役目になります。


まだまだ続きますね。次回は、間合いについて考えましょう。

↓↓↓よろしければクリック! お願いします。
にほんブログ村 その他スポーツブログ バスケットボールへ 人気ブログランキングへ


2009/11/28 08:52|ディフェンススキルTB:0CM:0
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://kikibasket.blog59.fc2.com/tb.php/275-28df6141
東日本大震災のお見舞い

東日本大震災で被災された方々に 心よりお見舞い申し上げます。


ナイスシュート

image111.jpg


amazon


amazon DVD


amazon バスケグッズ


Copyright(C) 2008 All Rights Reserved. バスケットのちから~籠球論語~
Powered by FC2ブログ.  JavaScript by LostTechnology. template designed by 遥かなるわらしべ長者への軌跡.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。