バスケットのちから~籠球論語~

バスケットボールの理論・知識・哲学・技術を独自の見解で紹介します。

カテゴリ


プロフィール

kiki

Author:kiki
kiki(キキ)です。
高校時代は能代工業、京北高校、
土浦日大、明大中野高校、等々
東日本の全国区のチームと対戦!
その経験から得たバスケットボール
の見解を紹介します。


ランキング

↓ここをクリック!ランキングアップ!
(にほんブログ村)
にほんブログ村 その他スポーツブログ バスケットボールへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
(人気ブログランキング)

FC2ブログランキング


アクセスカウンター


オンラインカウンター

現在の閲覧者数:


リンク

このブログをリンクに追加する


最新コメント


最新記事


最新トラックバック


検索フォーム


こころの言葉


Google AdSence


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:--|スポンサー広告
シュートは50%は落ちるものです。

試合を想定した練習でかなりの確率でシュートが

入ったとしても、実際の試合では練習通りにはいきません。

そんな時にシュートフォームをいじってみたり

あれこれと考えてもいい結果には結びつきません。


ある程度シュートフォームが出来上がったレベルで

あるならば、フォームを変えたり、リズムを変える

必要はないと思います。

シュートを外した時に自分でリバウンドにいけば

いいだけです。

もし、相手のボールになったしまったら、必死で

ディフェンスすることでリカバリーして

相手に得点を許さなければいいだけなのです。

また、シュートチョイスという意味では、

より近い、レイアップシュートを狙うといいでしょう。

得点することで、メンタル面のリセットができます。

シューターはシュートが外れると、早く結果が出したいと

シュートを打ちたがるものです。

逆に4、5本打って入らないと打たなくなる選手もいます。

あなたはどちらのタイプでしょうか?

また、指導者は自分のチームのシューターや選手が

どのタイプを考えて交代という方法を考える必要があります。

「入らないから、打つな。」という交代ではなく

ふたたびコートに戻す時には、自信をもっていけるような

激励のための交代です。

あるきっかけがあれば、いとも簡単にシュートは入るものです。


シュートはオートマチックに打ちたいものです。

より簡単に打つことがいいでしょう。

同じシュートリズムで打つことをポイントにしましょう。

それは、いつもと同じボールミートから同じようにジャンプし

同じように手を使い、同じように足を動かす。

シュートはシンプルであればあるほどいいものです。


シュートを決めるのにシュート練習は必要です。

しかし、集中して打てないようであれば打たないほうが

いいと考えます。また、思いきってシュート練習しない

ということも必要な時があります。


シューターやシュートの好きな選手はシュート練習を

したがるものです。しかし、集中力がない状況では

打たない方がいいと思います。

それは、リズムやフォームを崩してしまうからです。

100本打って何本入るかを数えながら目標として

取り組むのはいいことです。

でも早い段階で多く外してしまうと、集中力が

あせりに変わってしまうので注意しましょう。

そんな時は思いきってシュート練習をやめてしまうのも

いいと思います。

シュート練習はいい状況をつくって行うものです。



↓↓↓よろしければクリック! お願いします。
にほんブログ村 その他スポーツブログ バスケットボールへ 人気ブログランキングへ







2009/12/16 19:18|シュート・スキルTB:0CM:0
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://kikibasket.blog59.fc2.com/tb.php/279-534001b2
東日本大震災のお見舞い

東日本大震災で被災された方々に 心よりお見舞い申し上げます。


ナイスシュート

image111.jpg


amazon


amazon DVD


amazon バスケグッズ


Copyright(C) 2008 All Rights Reserved. バスケットのちから~籠球論語~
Powered by FC2ブログ.  JavaScript by LostTechnology. template designed by 遥かなるわらしべ長者への軌跡.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。