バスケットのちから~籠球論語~

バスケットボールの理論・知識・哲学・技術を独自の見解で紹介します。

カテゴリ


プロフィール

kiki

Author:kiki
kiki(キキ)です。
高校時代は能代工業、京北高校、
土浦日大、明大中野高校、等々
東日本の全国区のチームと対戦!
その経験から得たバスケットボール
の見解を紹介します。


ランキング

↓ここをクリック!ランキングアップ!
(にほんブログ村)
にほんブログ村 その他スポーツブログ バスケットボールへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
(人気ブログランキング)

FC2ブログランキング


アクセスカウンター


オンラインカウンター

現在の閲覧者数:


リンク

このブログをリンクに追加する


最新コメント


最新記事


最新トラックバック


検索フォーム


こころの言葉


Google AdSence


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:--|スポンサー広告
シュートを入れること。
それがバスケットボールの醍醐味です。

ディフェンスを打ち破って、相手を出し抜いて
シュートを決める。
こんな気持ちのいいことはないでしょう。

バスケットボールを愛する人達は
この快感に目覚めた者たちです。


さて、シュートを決めるポイントを書いてみましょう。

●シュートは適当に打ってはならない。
 打つべきでないタイミングで打ってはいけない。
 偶然性にまかせたギャンブルシュートはしては
 いけないのです。

●シュートは絶対的な自信を持って打つべきである。
 自信がなければ打つべきではない。

●自分のシュートを分析し研究すべきである。
 常にシュートの成否の原因を研究することが
 大切になる。

●ボールハンドリング、ボールの持ち方が悪ければ
 安定したシュートは打てない。
 常にボールを安定的に指先の感覚を活かせるように
 持つべきである。

●ボールは自然なスピンがかかり、適正なアーチを
 描くように打つ。頭をリングにまっすぐに向けることで
 身体全体をリングに正対させる。
 ボールをまっすぐ飛ばすことに集中する。

●目線が大事である。リングの手前か奥を見るのか。
 ボールの目標点から目を離さずにその目標に向けて
 フォロースルーしてボールをまっすぐに飛ばすこと。

●シュートを早く打つことに専念する。
 決して雑に打つことではない。素早く正確に打つこと。

●ボールはリングに触れずに通過することにこだわる。
 バンクシュートでも同様である。

●いつボードを使ってシュートするかを理解する。
 それはゴール下のシュートである。

●シュートのうまい選手のボールは軽く見える。
 それは、下半身で飛ばしているからである。

●シュートチャンスは躊躇せず、素早く正確に打つ。

●調子がよければたくさんのシュートを打ち、
 不調であれば、パスを選択する。

●シュートは「勇気」「冷静さ」「自制心」を持つことで
 より「安定感」を得ることが出来る。


シュートを決めるには、打ち込み練習が不可欠です。



↓↓↓よろしければクリック! お願いします。
にほんブログ村 その他スポーツブログ バスケットボールへ 人気ブログランキングへ

いつも訪問して頂きありがとうございます。
一日一回各ランキングのタグをクリックしてくだされば、
ランキングのポイントが加算されます。
また、各ランキングから入場して下さればさらに
ポイントがアップします。ご協力ありがとうございます。
2010/02/06 21:37|シュートの上達法TB:0CM:4
いつも楽しく拝見させていただいております。
初めてコメントします。
記事とは関係なく申し訳ないのですが、実は息子の事で相談したいことがありコメントしました。
息子は今小学4年生で学校のミニバスケットチームに所属しておりますが、1月の練習時にコーチにかなり傷つく事を言われたらしくそれ以来行きたくないと言って、練習を休んでいます。辞めたいとも言っております。バスケットは続けたいらしいのですが、あのチームではいやだそうです。行きたくないものを無理やり行かすのも良くないと思い、休ませていますが親としてこの場合、どうすればいいのか悩んでおります。なにかアドバイス頂けるとありがたいです。よろしくお願いいたします。
TUBE #-|2010/02/12(金) 08:12 [ 編集 ]
コメントありがとうございます。

難しい問題です。詳しい状況がわからないので
いいアドバイスはできないと思います。
私の経験を少し書きましょう。今、六年の娘は
四年、五年とミニバスケの指導者にいじめに
あっていました。二人の指導者がいたのですが
一人の指導者の孫が同じ学年にいて、娘が
孫娘をレギュラーにするためにいじめられて
いたのです。指導という口実でガミガミと
わけのわからないことを説教されていたのです。
それに対して、本人に私が猛烈に抗議しました。
五年生の夏だったと思います。正直言うと
それまで気づいてやれなかったのです。そして、
交流会という、8チームくらい集まった
練習試合の会場の2Qと3Qの間の時間に
ベンチの前でけんか腰に抗議しました。
「娘には指導してもらわなくていいです。」
「俺の指導が嫌ならやめさせろ。」
このようなやり取りがありました。
それ以降、練習には必ず見学に行きました。
行けない時は、娘を休ませました。
徹底的に相手をけん制しました。
その時、もう一人の指導者に対して、文書で
その指導者のしたことを告発する形で抗議文を
提出して理解を求めましたが、その時は
何もアクションを起こしてくれませんでした。
そして、その後も、2回ほど衝突しました。
娘が6年になった春にその指導者はやめました。
何があったかはわかりません。指導者の飲み会で
突然、やめるといったそうです。
私のやったことがいい事かはわかりません。
でも最初の衝突の時の娘の反応が忘れられません。
「こわかった。でも、パパが頼もしく見えた。」
娘は、その指導者からわけのわからない事で
怒られてばかりいたことや、バスケを好きだけど
あのコーチの時は行きたくないと話しました。
今まで話せなかった他のことも話すように
なったのです。その時、親として娘を守って
やろうと決心したのです。
練習中に個人的に指導を受ける時には、必ず
私も近くに行って何を言っているのかを聞きました。
そのうち、個人指導はしなくなりましたし、
怒られることもなくなりました。

まずは、状況を把握して、その指導者と話しを
してみてはどうでしょうか。私みたいに、
もう抗議することはお勧めしません。
練習に見学に行って見守ってあげるだけでも
息子さんは安心できるかもしれません。
親としてしてあげられることがあると思います。

こんなことしか書けなくてすいません。
kiki #-|2010/02/12(金) 21:58 [ 編集 ]
温かいご返事ありがとうございます。
親として逃げてはだめだということがよくわかりました。私がバスケットの素人ということと、私自身もそのコーチの指導方法や怒り方に疑問があったので、躊躇していた部分がありました。
対立するのではなく、まず状況を把握してから話合いから始めて、練習にも出来る限り見学に行くようにします。しかし、まだ息子が行きたくないようなので、様子を見ながら復帰の時期を決めていきたいと思います。まず、私が動くようにします。アドバイスありがとうございました。
TUBE #-|2010/02/15(月) 07:57 [ 編集 ]
はじめまして!!
ブログランキングから来ました。

まだまだ駆け出しのコーチでさまざまな方の考え方を参考にしているところです。よろしくお願いします。

お言葉ですが・・・、ボードを使って打つシュートはペイントエリア外でも角度によっては必要だと思いますが。
僕は今そうやって指導してます。
どうでしょうか!?
yasu #HCI4rwHI|2010/03/17(水) 19:04 [ 編集 ]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://kikibasket.blog59.fc2.com/tb.php/289-0672eacd
東日本大震災のお見舞い

東日本大震災で被災された方々に 心よりお見舞い申し上げます。


ナイスシュート

image111.jpg


amazon


amazon DVD


amazon バスケグッズ


Copyright(C) 2008 All Rights Reserved. バスケットのちから~籠球論語~
Powered by FC2ブログ.  JavaScript by LostTechnology. template designed by 遥かなるわらしべ長者への軌跡.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。