バスケットのちから~籠球論語~

バスケットボールの理論・知識・哲学・技術を独自の見解で紹介します。

カテゴリ


プロフィール

kiki

Author:kiki
kiki(キキ)です。
高校時代は能代工業、京北高校、
土浦日大、明大中野高校、等々
東日本の全国区のチームと対戦!
その経験から得たバスケットボール
の見解を紹介します。


ランキング

↓ここをクリック!ランキングアップ!
(にほんブログ村)
にほんブログ村 その他スポーツブログ バスケットボールへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
(人気ブログランキング)

FC2ブログランキング


アクセスカウンター


オンラインカウンター

現在の閲覧者数:


リンク

このブログをリンクに追加する


最新コメント


最新記事


最新トラックバック


検索フォーム


こころの言葉


Google AdSence


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:--|スポンサー広告
先日の選手権大会の反省として、
得点力がないことに気がつきました。

現役時代の得点パターンを思い出しながら、
今の自分に何が足りないの考えると
得点力をアップするヒントが
見えてくるように思います。


良いパフォーマンスをすることができなければ、
得点力を上げることはできないでしょう。
それには、基礎体力、筋力が必要だと思います。

脚力、膝の柔らかさ、足首の柔らかさ、
腕のちから、握力、背筋、腹筋、心肺機能力。
それに適正な体重かな。

自分がプレーしていて一番怖いのは、
ジャンプした後の着地です。
足首や膝や腰が耐えられるかどうかということ。
若いころに比べて体重が増えているのもかかわらず、
足腰が弱くなっていることは明白です。

そのことから、リバウンドシュートは本当に怖い。

ボールをとるためにジャンプして着地と同時に
シュートのためにジャンプして着地と連続します。

ジャンプしている時に少しでも接触したら、
ボディバランスは保てそうにないのが実情です。

そう考えると、腹筋、背筋、スクワット、握力
バーベル、ジャンプドリル、ロードワーク等々、
基礎体力系のトレーニングは重要です。

確実で素早い良いプレーができない原因は
基礎体力の能力の低さに原因があるのかもしれません。

プレーの質が上がれば、それなりのレベルの
基礎体力が必要になるのではないでしょうか。

よりレベルの高いプレーそのものの練習も大切ですが、
そのプレーをこなすための基礎体力のレベルアップを
忘れてはいけないのかもしれません。



↓↓↓よろしければクリック! お願いします。
にほんブログ村 その他スポーツブログ バスケットボールへ 人気ブログランキングへ

いつも訪問して頂きありがとうございます。
一日一回各ランキングのタグをクリックしてくだされば、
ランキングのポイントが加算されます。
また、各ランキングから入場して下さればさらに
ポイントがアップします。ご協力ありがとうございます。



2010/02/19 21:47|ひとりごと日記TB:0CM:0
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://kikibasket.blog59.fc2.com/tb.php/291-ee7074a1
東日本大震災のお見舞い

東日本大震災で被災された方々に 心よりお見舞い申し上げます。


ナイスシュート

image111.jpg


amazon


amazon DVD


amazon バスケグッズ


Copyright(C) 2008 All Rights Reserved. バスケットのちから~籠球論語~
Powered by FC2ブログ.  JavaScript by LostTechnology. template designed by 遥かなるわらしべ長者への軌跡.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。